通り芯ツールの設定

ツールボックスの全てのツールに共通の一般的な設定については、「ツール設定ダイアログボックス内での作業」を参照してください。

通り芯ツールの機能の一般的な情報は、「通り芯ツール」を参照してください。

通り芯ツールの[平面図]パネル

通り芯の平面図属性を定義するには、このパネルのコントロールを使用します。

[線種]:通り芯線の表示を選択します。[全体を隠す]、[一部のみを表示]、または[全体を表示]を選択できます。

[一部のみを表示]を選択した場合は、右側のフィールドに分節の長さを入力します。

通り芯の線種とペンカラーを選択します。

[フロア表示]:ドロップダウンリストから、通り芯を表示する場所を選択します。

[配置フロアのみ]:グリッド要素は、配置フロアでのみ表示されます。

[上1フロア]および[下1フロア]:配置フロア、1階上のフロア、および1階下のフロアに通り芯が表示されます。

[全フロア]:プロジェクトの全てのフロアに通り芯が表示されます。

[カスタム]:それ以外のフロアの組み合わせを設定したい場合は、このオプションを選択します。[フロアを選択]ダイアログボックスが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/GridSelectStories.png 

(このカスタム設定を設定した後で、[カスタムを編集]オプションを使って設定を編集してください。)

[マーカー]:2つのチェックボックスのいずれかを選択、両方を選択、またはどちらも選択しないことによって、通り芯線の両端のマーカーの表示を指示します。

[マーカー長さ]:通り芯マーカーを横にずらすと、特定の通り芯線がマーカーと一緒にずらされます。

この分節の長さのデフォルト値を設定します。

通り芯ツールの[断面/立面]パネル

以下の説明は、断面図ウィンドウと立面図ウィンドウの両方での通り芯の表示に適用されます。

通り芯の断面図属性を定義するには、このパネルのコントロールを使用します。

[一般/カスタム]:このポップアップを使用して、選択した通り芯に一般設定を適用するか、この断面図内の選択した通り芯だけにカスタム設定を適用するかのいずれかを行います。

通り芯ごとに、「一般」断面図設定と「カスタム」断面図設定を設定できます。

一般断面図設定を使用する通り芯は、どの断面図でも同一に表示されます。

選択した通り芯のカスタム設定は、断面図ウィンドウから通り芯の設定を開いた場合にだけ有効です。通り芯のカスタム設定は、現在の断面図ウィンドウ内でのみ適用されます。

そのため、どの断面図に表示するかによって、同じ通り芯を異なった方法で表示できます。

断面図内の通り芯にカスタム設定を適用した場合、別の断面図で同じ通り芯を開くと、その通り芯は元の設定を使って表示されます。カスタム設定は、1つの断面図ウィンドウ内の特定の通り芯にだけ適用されるからです。ただし、[コピー元…]コマンドを使って他の断面図からカスタム属性をコピーし、現在の断面図内の通り芯にも使用できます。

[線種]:通り芯線の表示を選択します。[全体を隠す]、[一部のみを表示]、または[全体を表示]を選択できます。

[一部のみを表示]を選択した場合は、右側のフィールドに分節の長さを入力します。

通り芯の線種とペンカラーを選択します。

[マーカー]:2つのチェックボックスのいずれかを選択、両方を選択、またはどちらも選択しないことによって、通り芯線の両端のマーカーの表示を指示します。

右側の2つのフィールドに、断面図に表示する際の通り芯マーカーごとの高さレベルを入力し、この高さレベルを測定するための基準レベル(デフォルト:GL)を選択します。

注記:通り芯線の実際の位置は(その他のARCHICAD要素とは異なり)、基準レベルが変更されると変化します。

[マーカー長さ]:通り芯マーカーを横にずらすと、特定の通り芯線がマーカーと一緒にずらされます。

この分節の長さのデフォルト値を設定します。

通り芯ツールの[名前設定]パネル

このパネルを使って、配置した個々の通り芯の名前設定に使用するロジックを定義します。

[名前を自動生成]:このオプションを選択すると、通り芯を配置する度に名前が自動的に生成されます。

[開始]:このフィールドには、次に配置する通り芯に割り当てる次の名前の値が表示されます。

[接頭辞]:自動生成されたそれぞれの名前の先頭に表示される静的テキスト。

[接尾文字]:自動生成されたそれぞれの名前の後ろに表示される静的テキスト。

[スタイル]:自動生成された通り芯の名前のスタイルを選択します。数字(1、2、3…)、文字(A、B、C…またはa、b、c…)、ローマ式数字(I、II、III、IV…)のいずれかです。

次に配置する通り芯に割り当てられる次の名前の値のプレビューが、[カスタム]の隣のフィールドに表示されます。

[カスタム]:このボタンをクリックすると、自動生成された名前を無効にして、他の名前を通り芯に割り当てられます。

通り芯ツールの[マーカー]パネル

このパネルを使って、通り芯のマーカーの表示を定義します。

[マーカー形状]:この項目をクリックし、次に黒い矢印をクリックして使用可能なマーカー形状のリストをポップアップします。マーカー形状を選択します。

[通り芯線接続先]:この項目をクリックし、次に黒い矢印をクリックして、通り芯線をどこでマーカーに接続するかの選択項目のリストをポップアップします(円形のマーカー形状には使用できません)。

通り芯ツールの[3D表示]パネル

このパネルを使用して、3Dウィンドウに通り芯を表示するかどうか、およびその表示方法を制御します。通り芯が表示されている3Dウィンドウから作成された3Dドキュメントにも、通り芯が表示されます。

[3D表示]:このボックスをチェックすると、3Dウィンドウに通り芯が表示されます。このボックスのチェックを外すと、このパネルの他の全てのコントロールが灰色になります。

[垂直位置]:3Dの通り芯の垂直位置を入力します。黒いポップアップ矢印をクリックして、垂直位置の測定の開始点となる基準レベルを選択します。

[線として表示]:このボックスをチェックすると、3Dウィンドウに通り芯が線としてのみ表示されます。このオプションをチェックした場合、通り芯はレンダリングでは表示されず、このパネルのその他の通り芯線コントロールは灰色になります。このオプションのチェックを外すと、通り芯線は材質および物理的断面によって3Dで表示され、レンダリングで表示されます。

[通り芯線の材質]:通り芯がソリッドとして表示された場合の線の材質を設定します。

[通り芯線の断面]:円形断面と矩形断面から選択し、そのサイズを設定します。

[マーカーテキストの材質]:マーカーテキストの材質を設定します。

[テキストはビューに追従]:このボックスをチェックすると、マーカーテキストが常にビューポイントに向きます。注記:このオプションは、パース投影でのみ有効です。