塗りつぶしツールの設定

ツールボックスの全てのツールに共通の一般的な設定については、「ツール設定ダイアログボックス内での作業」を参照してください。

詳細は、「塗りつぶし」を参照してください。

断面形状の塗りつぶしコンポーネントを編集している場合

断面形状属性の選択した塗りつぶしコンポーネントを編集している場合、使用可能なコントロールは、塗りつぶし輪郭のオン/オフ、切断線種とカラー、塗りつぶし種類の選択のみです(ここで使用可能な塗りつぶしとは、編集している断面形状のビルディングマテリアルです)。

断面形状マネージャ」を参照してください。

塗りつぶしの[一般設定]パネル

最初のパネルでは、平面図での塗りつぶしの表示を制御します。この塗りつぶしの設定は、断面/立面ウィンドウまたは詳細図/ワークシートウィンドウで塗りつぶしを作成する場合にも使用されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/FillGeneralSettings.png 

塗りつぶし輪郭

塗りつぶしに輪郭を設定する場合、このボタンを押します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/OutlineFill.png 

[線種とペンカラー]ポップアップパレットから、線種と輪郭カラーを選択します。

塗りつぶし種類

その下で、塗りつぶしを表示するために使用する塗りつぶしタイプを選択します。

ここで使用可能な塗りつぶしは全ての単純塗りつぶし種類(複合構造は使用できません)で、作図塗りつぶしとして定義されています([オプション]→[属性設定]→[塗りつぶし種類]で設定)。

塗りつぶしパターンのカラーを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/FillPatternColor.png 

塗りつぶし背景のカラーを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/FillBackgroundColor.png 

塗りつぶし背景には、ペンカラーパレットの最後にある透過オプションまたは窓背景カラーも選択できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/WindowBackground.png 

注記:表現の上書きルール([ドキュメント]→[表現の上書き])を使用して、塗りつぶし背景色を上書きすることができます。

表現の上書きルール」も参照してください。

塗りつぶしのカテゴリ

[塗りつぶしパターン]ポップアップの左にあるボタンをクリックし、その塗りつぶしのカテゴリを選択します。

詳細は、「塗りつぶしカテゴリ」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/FillCategoryChoose.png 

組み立て法

いずれかのラジオボタンをクリックして、塗りつぶしのベクトルハッチングまたはシンボル塗りつぶしのパターンの向きを設定します。

注記:ベクトルハッチングは、[表示]→[表示オプション(スクリーン)]→[ベクトルハッチング]を選択した場合にだけ表示されます。

[プロジェクト原点]を選択すると、塗りつぶしパターンはプロジェクト原点から始まり、塗りつぶし境界内のパターン部分が表示されます。

[塗りつぶし原点]を選択した場合、塗りつぶしポリゴンを描画すると、塗りつぶしの制御点アイコンが表示されます。これを使用して、適切な塗りつぶし方向ベクトルを描画します。その後、クリックしてベクトル塗りつぶしを配置します。

[変形塗りつぶしを使用]を選択すると、塗りつぶしに2つの塗りつぶしの制御点が設定されます。この制御点を操作して、「変形」効果を与え、塗りつぶし構成要素の実際の幾何学的条件を再現できます。

各オプションの例については、「塗りつぶし向きの種類」を参照してください。

4つ目のオプションは[半径変形塗りつぶし]組み立て法です。これを使用してベクトルの半径変形をグラフィカルに調整できます。この方法が使用できるのは、選択したシンボル塗りつぶしで、以下の条件が全て揃っている場合だけです。

シンボル塗りつぶしが複合構造の仕上げとして使用されている

仕上げの塗りつぶし向きが[複合構造]ダイアログボックスで[層に合わせる]に定義されている

曲線複合構造が分解された後、このシンボル塗りつぶしが選択されている

分解」を参照してください。

注記:プロジェクト内で多数の半径変形塗りつぶしを使用すると、プロジェクトのパフォーマンスが低下する場合があります。

面積の数値を表示

[面積の数値を表示]チェックボックスを使用して、塗りつぶし領域の面積数値を表示できます。このボックスをチェックすると、塗りつぶし作図の一環として、塗りつぶし面積を示す寸法テキスト要素が平面図に配置されます。

注記:面積の数値の形式および連動する参照線は、[寸法テキストの設定]ダイアログボックスで定義されます。

寸法テキストの設定」を参照してください。

ゾーンから減算

ゾーンからデフォルトのまたは選択した塗りつぶし要素を取り除く場合、[ゾーンから減算]チェックボックスをチェックします。

ここに数字(1~100)を入力して、ゾーンから減算する塗りつぶし要素の面積部分をパーセント値で指定します。

塗りつぶしの[プロパティ]パネル

[ID]:このボックスにIDを入力すると、この要素が数量計算でトラッキングされます。

[ID]フィールドは、リストビューで要素を識別し、グループ化する役割を果たします。文字はどれでも使用できます。

このIDの中で数字が使われていると、[オプション]→[作業環境]→[追加オプション]ダイアログボックスで[新規要素IDを各新規要素に割り当て]チェックボックスが有効になっている場合には、要素を作成するごとにその数値に1が自動的に加算されます。新規の要素には、それぞれ固有のIDが設定されます。

要素を複製または連続コピーした場合、作成された要素のIDは元の要素のIDと同じです。

プロジェクトに要素を貼り付けた場合、要素のIDが重複する可能性があります。ARCHICADでは自動的に重複を解消する処理は行いません。重複するIDの付け替えは、ユーザー側で行ってください。

IDは、要素の作成前と複数の既存要素の選択後のいずれにおいても、[ドキュメント]→[その他のリスト]→[要素IDマネージャー]を使用してカスタマイズできます。

詳細は、「要素IDマネージャー」を参照してください。

注記:全ての組み立て要素には、自動的に生成される全体的に固有のIDも付与されます。このIDは、プロジェクトの存続期間中ずっと変わりません。このIDはラベルやリストで使用できます。