メッシュツールの設定

ツールボックスの全てのツールに共通の一般的な設定については、「ツール設定ダイアログボックス内での作業」を参照してください。

メッシュツールは、関連するノードの高さを定義し、ノード間を補間することにより、表面、ヘリ付き表面、およびソリッドボディを作成するのに使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/MeshTool.png 

メッシュは、メッシュの基準面とメッシュの隆起線を基礎に作成されます。

メッシュの基準面に投影されたメッシュの主要な輪郭を描画します。その結果、メッシュの上面の特定点をこの面から隆起させることができます。

詳細は、「メッシュ」を参照してください。

メッシュの[形状と位置]パネル

[メッシュ高さ]:メッシュの基準面の下にメッシュを延ばす深さを設定します(必要な場合)。

結果として決まった基準高さは、[情報ボックス]に負の値として表示されます。

[配置フロアまでオフセット]:その配置フロアから測定したメッシュの基準面の高さを設定します。

配置フロア

次の配置フロア設定のいずれかを選択します。

[現在]:メッシュの配置フロアが現在のフロアになります。

[配置フロアを選択]:メッシュをリンクするフロアを選択します。[フロアを選択]をクリックすると、プロジェクトのフロアが一部表示されていない場合でも、全一覧が表示されます。

メッシュの基準面は、配置フロアに物理的にリンクされています。(例えば、フロアレベルを再定義するなど)後で配置フロアの位置を修正する場合は、メッシュの位置が変更されます。

メッシュの高さを変更して基準面を別のフロアに移動させた場合には、配置フロアを変更して要素の新しい位置に一致させるオプションが用意されています。

高度によって配置フロアを変更する」を参照してください。

詳細は、「配置フロア」を参照してください。

[基準レベルからの]下部高度:基準レベルから測定する形でメッシュの基準面の現在の高さを計算します(デフォルトでは、この基準レベルはGLです)。必要に応じて、ポップアップ矢印をクリックして基準レベルを変更します。

注記:基準レベルは、[オプション]→[プロジェクト設定]→[基準レベル]で定義します。

結果として決まる上部高さは、[情報ボックス]に表示されます。

注記:下部高度は、メッシュ下部の現在の高さを示します。したがって、この値はリンクではなく計算ツールとしてのみ機能します。基準レベルの位置を変更しても、メッシュの位置は変更されません。

メッシュ組み立て法

メッシュの組み立て方法を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/MeshConstruction.png 

表面のみ

表面と側面

ソリッドボディ

[ビルディングマテリアル]:ポップアップを使用してメッシュのビルディングマテリアルを選択します。

メッシュの[平面図と断面図]パネル

平面図表示

[表示フロア]:オプションを選択して、メッシュを表示するフロアを定義します。

[配置フロアのみ]:メッシュ全体の輪郭は、その配置フロアのみに表示され、編集が可能です。

[全てのフロア]:メッシュ全体の輪郭がプロジェクトの全てのフロアに表示されます。

その他のオプションでは、メッシュは配置フロアと1つ上または下のフロアに表示されます。

[カスタム]:それ以外の組み合わせのフロアにメッシュを表示する場合は、このオプションを選択します。[表示フロア]:[カスタム設定]ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスでは、スラブの輪郭とその塗りつぶしに、個別のフロア表示オプションを設定できます。

注記:塗りつぶしは、輪郭も表示されているフロアにのみ表示できます。

詳細は、「表示フロア」を参照してください。

[切断面]:このセクションでは、断面図で切断面に対して表示される属性を設定します。

切断線ペンのカラーを定義します。

必要に応じて、(デフォルトではビルディングマテリアルに定義されている)この要素の塗りつぶし前景/背景ペンを上書きします。このためには、[切断塗りつぶしペン上書き]ポップアップから[前景]、[背景]、または[両方]を選択し、各コントロールにアクセスします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/Mesh_CutSurfaces.png 

注記:この設定は、ソリッドボディにのみ適用され、表面のみまたはヘリ付きメッシュには適用されません。

注記:離れたフロアに表示されているメッシュの線種は、[オプション]→[プロジェクト設定]→[レガシー]で設定します。

[輪郭]:この設定は、平面図の切断面の下部(投影面)にあるメッシュ輪郭の表示に適用されます。

[尾根を選択]:全ての尾根を表示するか、ユーザー定義の尾根を表示(メッシュの描画時に定義した尾根だけを表示)するかを定義します。

[尾根ペン]:ポップアップを使用して、ユーザー定義の尾根と生成された尾根の両方にペンカラーを割り当てます。

[表面塗りつぶし]:このボックスをチェックすると、ここで選択した塗りつぶしとペンの設定を使用して表面塗りつぶしが表示されます。

ポップアップメニューから塗りつぶし種類を選択します。

注記:ここでは、[オプション]→[属性設定]→[塗りつぶし種類]で開く[塗りつぶしの設定]ダイアログボックスで表面塗りつぶしとして定義されている塗りつぶしだけを使用できます。

表面塗りつぶしパターンとその背景のペンカラーを選択します。

詳細は、「塗りつぶしの設定」を参照してください。

[表面塗りつぶしの向き]:このコントロールでは、塗りつぶしパターンの向きを定義します。コントロールを選択し、黒の矢印で開いたポップアップから向きの定義を選択します。

[材質の塗りつぶしを使用]:ビルディングマテリアルまたは(上書きがオンの場合)上部材質で定義されているように要素の上部表面(ベクトル3Dハッチ)に表面塗りつぶしも同様の表現にしたい場合は、このボックスをチェックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/UseFillFromSurfaceMesh.png 

表面塗りつぶしパターンとその背景のペンカラーを選択します。

[塗りつぶし原点にリンク]:このオプションを選択すると、平面図に屋根を配置したときに、表面塗りつぶしに塗りつぶしの制御点が表示されます。この塗りつぶしの制御点を選択および移動して、塗りつぶしの向きを操作できます(ペットパレットの[サブ要素を移動]コマンドを使用します)。

注記:塗りつぶし制御点が表示されるのは、[表示]→[表示オプション(スクリーン)]→[塗りつぶし制御点]を有効にしている場合だけです。

[プロジェクト原点にリンク]:塗りつぶしパターンはプロジェクト原点から始まり、塗りつぶしの境界内にあるパターン部分が表示されます。塗りつぶし制御点は表示されません。

[変形塗りつぶし]:二重の塗りつぶし制御点の長さと方向を変更することにより、塗りつぶしパターンを変形させられます。

各オプションの例については、「塗りつぶし向きの種類」を参照してください。

メッシュの[モデル]パネル

このパネルは、メッシュの3D表示に影響を与えます。

[材質上書き]:(ビルディングマテリアル内で)この要素に割り当てられている材質を上書きする場合は、3つのポップアップのいずれかまたは全てを使用します。上部材質、側面、下部材質を上書きできます。組み立て法(表面のみ、ヘリ付き表面、ソリッドボディ)によって、使用できるコントロールが一部の場合と、全て使用可能な場合とがあります。

材質ペインターで材質を上書きする」も参照してください。

鎖アイコンをクリックすると、選択した最後の材質が全ての表面に割り当てられます。鎖アイコンの選択を解除すると、壁の表面や辺ごとに最初に設定した材質に回復されます。

注記:鎖アイコンは全ての材質で上書きを使用する場合に使用できます。

詳細は、「材質」を参照してください。

[テクスチャ配置を整列]:このメッセージが有効な場合、現在選択されているメッシュ(プロジェクトに既に配置されているメッシュ)にカスタム3Dテクスチャが割り当てられていることを示します。

この場合、[テクスチャをリセット]ボタンも有効になります。クリックすると、選択されている梁のテクスチャの原点が回復されます。

詳細は、「3Dテクスチャの調整」を参照してください。

3D表現

3Dモデルで生成される尾根の表示(シャープまたは滑らか)を制御します。

[全てをシャープ]:3Dウィンドウに、三角形を鮮明な形で接合してメッシュを表示します。

[ユーザー定義をシャープ]:シャープに接続したユーザー定義尾根を持つメッシュ表面が表示され、滑らかに接続した表面を持つメッシュがその他の場所に表示されます。

[全てを滑らか]:面を滑らかに接合してメッシュを表示します。

[全てを滑らか]を選択すると、3Dビューにはユーザー定義尾根のみが表示されます。