付属品と接続金具

海外仕様ARCHICADライブラリにある、ドアまたは窓の設定の[カスタム設定]パネルの[付属品と接続金具]タブページについて、以下に説明します。

このタブページは、開口部の主要な固定具を定義するのに使用します。

これらの構造(額縁、サンシェードなど)のいずれかに対して、より詳細な追加パラメータを設定するには、設定の右側にあるアイコンをクリックして対応するタブページにアクセスします。そこに追加パラメータが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/141-doorwindowcustomsettings/ConnectingDoor.png 

額縁

額縁を開口部の外側および/または内側に追加するには、[外側]チェックボックスと[内側]チェックボックスを使用します。

額縁外側/額縁内側の設定」を参照してください。

抱き

このパラメータを使用して、隣接する開口部を水平方向および垂直方向に整列できます。開口部シンボルが正しく表示されるよう、当該開口部とそれに隣接する開口部の両方に対してこのボックスをチェックする必要があります。

抱きの結果、隣接する開口部の構成要素(額縁、下枠、沓摺など)間の接続線が消え、これらが1つのユニットのようになります。

抱きを使用する場合、当該開口部の他の構造オプションの一部が適用できなくなり、灰色になるか削除されることがあります。

沓摺/下枠/膳板/サンシェード

必要に応じてこのボックスをチェックして、ポップアップを使用して、開口部に対して目的の構成要素を選択します。詳細なパラメータを設定するには、設定の右側にあるアイコンをクリックして対応するタブページにアクセスします。

沓摺設定」を参照してください。

下枠設定」を参照してください。

膳板設定」を参照してください。

サンシェード設定」を参照してください。

カスタムコーナー

ウィンドウにカスタムコーナーを追加するには、[右側]または[左側]をチェックします。

詳細なパラメータを設定するには、設定の右側にあるアイコンをクリックして[カスタムコーナー]タブページにアクセスします。

カスタムコーナー」を参照してください。