パラペットインセット

海外仕様ARCHICADライブラリにある、基本的な窓用の[カスタム設定]パネルの[パラペットインセット]ページについて、以下に説明します。

このページは、窓の下に壁インセットを定義するのに(例えば、ラジエータ用のエリアを作成する場合)使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/141-doorwindowcustomsettings/WallInsetSize.png 

壁インセットサイズを選択します。

[自動]:インセットの幅は常に窓幅と等しくなります。

[対称]:窓開口部と対称的に作成される、インセットの固定幅と固定高さを定義します。

[非対称]:インセットの水平方向の位置に対する異なった張り出し(右からと左から)を定義します。インセットに同一の固定高さを定義します。

全てのインセットサイズに対して:

インセットの下部高度を定義するか、それを0にして下部高度を床までとします。

インセットの奥行きを定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/141-doorwindowcustomsettings/WallInset.png 

[2Dで隠れたパラペットを表示]:このボックスをチェックすると、壁で作成されたパラペット線が、その切断ビューが壁および/または窓開口部でブロックされている場合でも、2Dビューで表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/141-doorwindowcustomsettings/HiddenParapet.png