テキストスタイルパネル

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/TextStyleUniform.png 

統一テキストスタイルを設定

ARCHICADインターフェイスのテキストスタイルパネル

テキストスタイルパネルは以下のツール設定ダイアログボックスで使用できます。

断面図、立面図、展開図(マーカーテキストスタイル、フロア高度テキストスタイル)

詳細図、ワークシート、変更(マーカーテキストスタイル)

ラベル

図面(タイトルテキストスタイル)

ドア/窓(マーカーテキストスタイル)

ゾーン(スタンプテキストスタイル)

グリッド

テキストスタイルパネルのコントロール

[フォント]:フォントを選択します。

[エンコード](Windowsのみ):現地のフォントのエンコードを選択します。

[フォントサイズ]:フォントの高さをmm(メートル単位)またはポイント(インペリアル単位)で入力します。

単位は、[オプション]→[プロジェクト設定]→[作業単位]で定義された長さの単位によって決まります。

小数点以下の桁数は、同じく[オプション]→[プロジェクト設定]→[作業単位]で定義された、[単位を含まない数値]での設定によって決まります。

[テキストのペン]:数値フィールドまたはポップアップコントロールでペンカラーを選択します。

[フォントスタイル]:フォントスタイル(太字、斜体、下線、取り消し線)を選択します。

[配置]:配置オプション(左揃え、中央揃え、右揃え、または両端揃え)を選択します。

[行間隔]:このコントロールは、行間隔値(垂直線の間隔)をパーセントで変更します。数字を入力するか、25パーセント刻みで値を変更する矢印を使用します。

[幅]:パーセント値を入力して、テキスト文字幅を変更します。

[間隔]:テキスト文字間の間隔を変更します。

テキストスタイルの上書き

テキストスタイルパネルでの形式設定は、関連するマーカーやテキスト項目内の全てのテキストに均一に適用されます。

ただし、これらの設定ダイアログボックスの大多数は、特定の項目に対して特定のテキストスタイル設定を上書きすることができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/OverrideTextStyle.png 

テキストスタイルの上書き

グレー表示のテキストスタイルコントロール

テキストスタイルパネルの一部のコントロールは、特定のテキスト項目に関係ない場合があります。これらはグレー表示されます。例えば、この図面タイトルでは、行間隔と整列のコントロールは以下のようにグレー表示になります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/TextStyleGrey.png 

グレー表示される対象外のテキストスタイルコントロール

この断面図マーカーテキストのフォントスタイル、ペン、サイズのように、それらを上書きした場合にもコントロールがグレー表示される場合があります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/140-userinterfacetoolsettings/SectionTextOverride.png 

ARCHICADのフォントのエンコードに関する注記

ARCHICADのテキスト要素はUnicodeベースです。テキスト項目を印刷、プロット、編集または表示する場合、あるいはテキスト項目をDXF/DWG形式に変換する場合は、全てのエンコードシステムに対応しています。

ARCHICADの各言語バージョンのデフォルトのフォントエンコードシステムは、通常右側のものです。