[XREFマネージャー]ダイアログボックス

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

このダイアログボックスを表示させるには、[ファイル]→[外部参照]→[XREFマネージャ]と選択します。

XREF関連の機能の大半は、このダイアログボックスで実施できます。

詳細については、「XREFの操作」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/XrefManager.png 

ビューモードボタン

ダイアログボックスの左上にある2つのボタンは、添付されたXREFファイルのリストの表示方法をコントロールします。

左側のボタンは、全てのXREFを添付された順番で表示します。

右側のビューモードボタンは、添付されたXREFを階層ツリー構造で表示します。外部参照として使用されているDWGファイルは、追加の外部参照を含むこともできることから、ネストが発生する場合もあります。このネストは、複数のレベルまで達する非常に複雑な構造になる場合もあります。

階層ビューモードでは、どのファイルがどの外部ファイルを参照しているかを見ることができるので、外部参照ファイルを添付する時にどれをプロジェクトにロードすべきかがわかります。ある添付されたファイルが他のファイルを参照する場合は、そのファイルの左側にプラス(+) 記号が表示されます。プラス記号をクリックすると、対応付けられているファイルの名前が表示されます。

[XREFリスト]:このリストには、添付ファイルに関する情報が表示されます。ヘッダー内で、分割バーをクリックして必要に応じて列の幅を編集します。リストモードの時は、各ファイルに関するデータを確認できます。このデータには次のものが含まれます。

[参照名]:参照ファイルの名前。通常は、添付先のファイルの名前と同じです。

[状態]:[ロード]、[アタッチ解除]、[再ロード]、[ロード解除]、[バインド]などのファイルに影響を及ぼす、各操作の実行後のファイルの正確な状態を表します。

[サイズ]:参照ファイルのサイズを表します。

[タイプ]:外部参照のタイプを表します([アタッチ]と[オーバーレイ]のどちらか)。

[日付]:外部参照ファイルが最後に修正された日付を表します。

[インスタンス数](インスタンス):プロジェクトにアタッチされた特定の外部参照ファイルのインスタンスの数を表します。ライブラリオブジェクトの場合と同様、外部参照はプロジェクトファイルのさまざまな場所(レイヤー、異なるフロアなど)に何度もアタッチできます。

[トランスレータ]:各XREFの配置に使用されたトランスレータを表示します。このトランスレータはXREFの更新にも使用されます。1つのインスタンスが異なるトランスレータを使用して複数回配置された場合、これらのインスタンスはトランスレータごとに個別に表示されます。

以下のファイル保存先は、選択したXREFファイルの場所を示しています。

アタッチ

このボタンをクリックすると、[XREFをアタッチ]ダイアログボックスが表示されます。

詳細は、「[XREFをアタッチ]オプション」を参照してください。

アタッチしたXREFの命名オプションについては、DXF/DWGトランスレータ設定に関するセクション内の「図面の配置先」を参照してください。

アタッチ解除

このボタンをクリックすると、XREFが図面からアタッチ解除されます。このダイアログボックスを閉じると、XREFがプロジェクトファイルから削除されます。このXREFを再び使用したい場合は、再度アタッチしなければなりません。[状態]列にこのアタッチ解除状態が[アタッチ解除]と表示されます。

XREFがアタッチ解除されている場合、ダイアログを使って、レイヤー、線種、塗りつぶしなどの分離されているXREFの属性を保持するか、削除するかを選択できます。

再ロード

外部参照として使用されるDWGファイルまたはDXFファイルが修正されていて、その最新の変更をARCHICADプロジェクトファイルで表示したい場合は、[再ロード]ボタンをクリックします。プログラムによってファイル全体が再びARCHICADに読み込まれ、最新の状態が表示されます。また、外部参照をプロジェクトファイルからロード解除した場合は、[再ロード]ボタンをクリックして再びロードできます。ダイアログボックスの[状態]列にこの状態が表示されます。

注記:再ロード過程では、入力パラメータを指定するためのオプションダイアログボックスは表示されません。入力パラメータはデータベース内にあり、この前に[アタッチ]コマンドを使用した時に指定したのと同じデータが使用されます。

ロード解除

このボタンをクリックすると、選択した外部参照ファイルがメモリからロード解除されますが、プロジェクトファイルにはアタッチされたままです。ファイルの内容は平面図には表示されません。ファイルをプロジェクトとXREF管理ファイルリストから削除するアタッチ解除とは反対に、[ロード解除]コマンドはファイルをアタッチしたままにします。[再ロード]ボタンをクリックするだけで、ロード解除したファイルを再表示できます。このような変更は、ダイアログボックスの[状態]列に反映されて表示されます。

注記:XREFをロード解除すると、XREFの挿入点にXREFがロード解除されたことを知らせるテキストが表示されます。例えば、「WALLS」という名前のXREFファイルをロード解除すると、[平面図]には、XREFの代わりに「ロード解除されたXREF WALLS」というメッセージが表示されます。

バインド

[バインド]ボタンをクリックすると、外部参照の内容がプロジェクトにバインドされ、そのファイルへの外部参照がリストから削除されます。

注記:バインドは、参照ファイルの全ての要素をプロジェクトの一部にします。XREFファイルの1つのインスタンスだけをバインドすることはできません。

XREFをバインドすると、XREFのレイヤー名はその変更を反映して、次の形式になります。

‘XREF_NAME $ NUMBER $ LAYER_NAME’

例えば、名前が「WALLS」のXREFファイルのレイヤーPEN_5は、アタッチされたのでレイヤーWALLS|PEN_5に変換されています。これをプロジェクトファイルにバインドすると、その名前はWALLS$36$PEN_5に自動的に変更されます。番号“36”は、レイヤーのリストでの番号です。

参照

このボタンをクリックすると[ディレクトリ]ダイアログボックスが開いて、選択したXREFがポイントするファイルを変更できます(XREFの検索)。別のファイルを選択して[XREFマネージャー]ダイアログボックスに戻った場合は、[再ロード]ボタンをクリックしてこの変更を有効にする必要があります。[OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じると、ARCHICADによって新しいファイルが再ロードされ、このファイルが与えられたXREF名と対応付けられます。

この機能は、プロジェクトにXREFがあり、このXREFの元々のファイルが変更されて新しい名前で保存されている場合には、特に便利です。

例えば、「Floor Plan 0728.DWG」という名前のインテリアデザインプロジェクトにアタッチされている[平面図]を例に考えてみましょう。その後、この[平面図]は変更されて、「Floor Plan 0801.DWG」という名前で保存されます。[参照]ボタンをクリックして、この新しいファイルを選択すると、リンクがこの最新版の平面図と対応付けられます。これにより、インテリアデザイナーは直ちに平面図を更新して、以降の作業で使用できます。

ログの表示

このボタンをクリックすると、[XREFマネージャー]ダイアログボックスが下方向に拡大し、[XREFマネージャー]ダイアログボックスの現在のセッションで実行された全ての手順が一覧表示されます。

このログでは、[OK]ボタンをクリックした時に、プログラムによってどのような機能が実行されるかを確認できます。

ログを非表示にするには、[ログの非表示]をクリックします。

トランスレータ設定

このボタンをクリックすると、リストから選択したXREFのDXF-DWGトランスレータ設定が表示されます。表示されるダイアログボックスの内容は変更できません。

アタッチしたXREFの命名オプションについては、DXF/DWGトランスレータ設定に関するセクション内の「図面の配置先」を参照してください。

サブトピック