フォント/スタイル変換(DXF-DWG変換設定)

これは、[DXF/DWG変換設定]ダイアログボックスのオプションです。

DXF-DWG変換設定」を参照してください。

ARCHICADでDWGを開くときのフォントスタイル

複数のフォントスタイルをサポートしていない古いテキストコマンドを使用してAutoCADテキスト要素を作成した場合は、フォントスタイル変換辞書ファイルを使用する必要があります。変換ファイルはMTEXT(複数行のテキスト)要素には無効です。

開く時には、辞書に一覧にされているフォントのテキストが、辞書の指定に従って変換されます。傾斜パラメータは、保存操作時と同じように扱われます(後述を参照)。

必要なフォント名は、リストボックスから選択できます。そのフォント名は、[ARCHICADのフォント]フィールドに表示されます。生成されるDXF/DWG図面で、この[ARCHICADのフォント]を変換させたいスタイルの名前を、[AutoCADのスタイル]フィールドに入力します。その逆の場合は、DXF/DWGファイルを開いた後に、AutoCADのスタイルを使用したテキスト要素が[ARCHICADのフォント]フィールドで指定したフォントを使用してARCHICADに表示されます。[斜体角度]フィールドで、ARCHICADのフォントの角度を指定できます。

ARCHICADファイルをDWGに保存するときのフォントスタイル

保存中には、辞書のARCHICAD側で指定されたフォントのテキストが、AutoCAD側で指定されたフォントにエクスポートされます。傾斜パラメータが15(15度)以上の場合、エクスポートされたテキストは斜体になります。通常、斜体スタイルは75度の斜体です。テンプレートファイルが選択されない場合、ARCHICADのフォントと対応するAutoCADのスタイルが使用されます(フォント変換ファイルは、ARCHICADが実行しているプラットフォームとは関係なく、最も一致するものを指定します)。