カスタム機能(DXF-DWG変換設定)

これは、[DXF/DWG変換設定]ダイアログボックスのオプションです。使用可能なオプションは、使用しているARCHICADの言語バージョンによって異なります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/CustomSettingsDWG.png 

カスタム機能には、[カスタム開く機能]および[カスタム保存機能]操作用アドオンが含まれます。デフォルトでいくつかの機能がロードされるので、チェックボックスを使用してオンまたはオフにするだけです。

例えば、[元のブロックを保持]をオンにすると、ARCHICADとの間でのDWGファイルのやり取りが最適化されます。オリジナルブロックは保存され、変更していないDWGブロックが、ARCHICADから再エクスポートされるとそのまま保持されるため、不要な新しいブロックが作成されません。

実行する順序を変更するには、要素グループ内で機能を新しい位置にドラッグ&ドロップします。

[パス]フィールドには、アドオンの保存先が表示されます。関数を追加または削除した場合、[機能の再ロード]ボタンを押して関数リストを更新する必要があります。カスタム機能ファイルは、Add-Ons\Import Exportの下のARCHICADフォルダに置かれています。