DXF/DWGを結合

[ファイル]→[相互運用性]→[結合]を使用して、該当するDXFまたはDWGのファイル名をディレクトリダイアログボックスに入力します。

[開く]をクリックします。[DXF/DWGを結合]ダイアログボックスが表示されます。

DXF/DWGについての一般情報は、「DWG/DXFファイルの操作」も参照してください。

ここでは、2つの方法を使用できます。DXF/DWGファイルにはモデルスペースとペーパースペースの両方の情報が含まれます。また、ARCHICADプロジェクトファイルにはモデルビューとレイアウトブックの両方が含まれているため、どの要素を結合するかを決める必要があります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/MergePaperSpace.png 

DXF/DWGファイルのモデルスペース部分をプロジェクトファイルに結合する場合は、[モデルスペースを現在のビューに結合]ラジオボタンを選択します。モデルスペースを結合すると、結合したDXF/DWGファイルのモデルスペースのAutoCAD要素の上面図が生成され、ARCHICADモデルビューに2D ARCHICAD要素として配置されます。

詳細は、「[DXF/DWGモデルスペースを結合]ダイアログボックス」を参照してください。

DXF/DWGファイルで定義したペーパースペースをプロジェクトファイルのレイアウトブックに結合(追加)する場合は、[ペーパースペースをレイアウトブックに追加]ラジオボタンを選択します。

2番目のオプションを選択した場合は、[追加オプション]ボタンをクリックして変換設定の2つの[DXF/DWGインポート]オプションを設定します。[ペーパースペースの要素のインポートオプション]ダイアログが表示されます。このボタンは、結合するDXF/DWGファイルにペーパースペース情報が含まれている場合にのみ使用できます。

このセクションのトピック

[DXF/DWGモデルスペースを結合]ダイアログボックス

ペーパースペースの要素のインポートオプション

特殊結合オプション