[レイヤー設定]ダイアログボックス

このダイアログボックスを使用して、レイヤーを作成、編集、および管理します。

詳細は、「レイヤー」および「レイヤーセット」を参照してください。

[レイヤーの設定]を表示するには、次のいずれかの方法を使用します。

クイックオプションバーの[レイヤー設定]アイコン

[オプション]→[属性設定]→[レイヤー設定]

[ドキュメント]→[レイヤー]→[レイヤー設定](ショートカット:Ctrl+L)

[属性]または[配置を調整]ツールバーで該当するボタンをクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/layer.png 

左側のパネルには、既存のレイヤーセットが表示されます。右側には、プロジェクトで定義されている全てのレイヤーが表示されます。右側と左側を分割する分割バーを移動させ、テキストを必要なだけ表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/LayerSplitter.png 

この分割バーをダブルクリックして、[レイヤーセット]パネルを開いたり閉じたりできます(または、分割バーの一番上にある黒い矢印をクリックします)。

複数選択も可能です。次に説明するコマンドは全て、選択したレイヤーで機能します。

複数のレイヤーのレイヤーステータスを一度にすばやく変更するには、クイックレイヤーパレットのショートカットを使用します。

クイックレイヤー」を参照してください。

レイヤーステータスの編集

ダイアログボックスの右側でレイヤーを選択して編集します。

注記:リスト上の最初の項目、[ARCHICADレイヤー]は、削除、非表示、またはロックできません。このレイヤーには、レイヤー定義が失われた要素が全て集められます。

選択したレイヤーのアイコンをクリックして、ステータスを変更します。

ロック/ロック解除

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/LayerUnlockIcon.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/LayerLockIcon.png

開いた、または閉じたロックアイコンは、レイヤーの内容が不用意に修正されることを防ぐためにそのレイヤーがロックされているかどうかを示します。レイヤーがロックされている場合、そのレイヤーの要素は編集や削除ができず、新規要素の配置もできません。

表示/隠す

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/LayerShownIcon.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/LayerHiddenIcon.png

開いているか閉じている視点アイコンを使用して、選択したレイヤーを表示/非表示します。非表示のレイヤー上の要素は、非表示になります。

注記:プロジェクトで作業中に全てのレイヤーを表示するには、[ドキュメント]→[レイヤー]→[全てのレイヤーを表示]コマンドまたは[属性]または[配置を調整]ツールバーの該当ボタンを使用します。

3D表示

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/LayerSolidIcon.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/LayerWireframeIcon.png

ソリッドモデルまたはワイヤフレームアイコンは、[画像]メニューで設定されている現在の3Dモードとは関係なく、そのレイヤーに配置された要素を3D表示で完全表示するか、輪郭のみで表示するかを示します。これは、ワイヤフレームレイヤーにソリッド編集のオペレータ要素を格納し、ターゲット要素をソリッドレイヤーに格納する場合などに便利です。

交差グループ番号

最初の編集ボックスで交差グループ番号を設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/LayerIntersection.png 

注記:レイヤー交差番号は要素優先度とは関係がありません。タグやラベルとして利用し、要素をグループに分けることに使用できます(例、0や1)。

注記:交差グループ0に設定されている2つの要素は、交差することはありません。

交差しないようレイヤーを使用」を参照してください。

レイヤー名の拡張子

レイヤー名に拡張子を追加します。レイヤーが多数の場合に、補助的なソート制御の役割を果たします。

ヒント:レイヤーの拡張子は、プロジェクトフェーズとオプション管理にも効果的に使用できます。

レイヤーのソート

リスト内のレイヤーを名前または拡張子のアルファベット順にソートしたり、列のヘッダーをクリックしてステータスや交差グループ番号でソートできます。

[フィルタ]アイコンの横にあるポップアップ項目を使用して、リスト内のレイヤーの表示を制限します。

[フィルタ]アイコンはフィルタを適用したかどうかによって異なります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/LayerSettingsAll.png 

[全てのレイヤーを表示]:プロジェクト内の全てのレイヤーが表示されます。XREF項目のレイヤーは、リストの一番下に個別に一覧表示されます。

詳細は、「XREFファイルの属性」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/LayerSettingsFilter.png 

[Xrefレイヤーを隠す]:XREFがプロジェクトに含まれる場合にこのオプションを選択すると、XREFレイヤーは[レイヤー設定]に表示されません。

[拡張名でフィルタ]:このオプションは、選択したレイヤーに拡張子がある場合にのみ使用できます。拡張子のあるレイヤーだけがレイヤーの設定に表示されます。

[全てを選択]ボタンと[全ての選択を解除]ボタンを使えば、全レイヤーの選択と選択解除ができます。

レイヤーの削除と要素の移動

[削除]:選択したレイヤーを削除する場合にクリックします。この操作はやり直しできません。レイヤーの削除を続行すると、レイヤー上の全ての要素が削除されます。さらに、削除されたレイヤーの属性がプロジェクトから欠落します。レイヤーを実際に削除する前に、警告と欠落する要素/属性に関する警告が表示されます。

レイヤーを削除する場合、 異なるレイヤーに置換することも選べます。この場合、削除したレイヤーの要素は、指定したレイヤーに配置されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/DeleteMove.png 

注記:チームワークにおいては、ユーザーが指定した要素のみ、代わりのレイヤーに配置されます。削除したレイヤーのその他の要素は全て、[未定義]レイヤーになります。

レイヤーの確保と削除(チームワーク)」も参照してください。

[新規作成]:新規レイヤーを作成して名前を付ける場合は、このボタンをクリックします。

レイヤーセット

レイヤーセット」を参照してください。

レイヤーリストを印刷

[レイヤーの設定]ダイアログボックスの右下にある[印刷…]ボタンを使用して、プロジェクト内のレイヤーのテキスト形式のリストをPDFファイルに変換できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/PrintLayers.png 

これは、レイヤーセット別に構成された簡単なリストです。各レイヤーセット内で、レイヤーが属性番号順にリストされています(この属性番号はレイヤーの設定では表示されません。[オプション]→[属性]→[属性マネージャ]で開く[属性マネージャ]で確認できます)。