通り芯の設定

詳細は、「通り芯ツール」を参照してください。

このダイアログボックスは、[デザイン]→[通り芯設定]→[配置]コマンドで使用可能です。

通り芯の一般設定パネル

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/GridGeneral.png 

[形状]:直行通り芯または円弧通り芯のどちらかを選択します。円弧通り芯を選択した場合は、一番外側の通り芯の半径の値を入力します。

[配置…]:次の4つのチェックボックスのいずれかをチェックして、グリッドラインの交点ごとに追加要素を配置します。

[通り芯交点に要素]:通り芯交点に要素を配置する場合にクリックします。ポップアップをクリックして、要素タイプ(柱またはオブジェクト)を選択し、[設定]ボタンをクリックして、その要素の設定ダイアログを開きます。

[通り芯線にデフォルト梁]:通り芯に沿って梁要素を配置する場合にクリックします [設定]ボタンをクリックすると、[梁の設定]ダイアログが開きます。

注記:円弧通り芯を設定する場合、グリッドラインに沿って直線梁を配置するか、または曲線梁を配置するか選択できます。

[寸法表示]:各通り芯間に寸法線を配置する場合にクリックします。寸法線と最初の交差通り芯間のオフセットの値を入力します。[設定]ボタンをクリックすると、[寸法の設定]ダイアログが開きます。

[全体寸法]:2本の両側の通り芯間に寸法線を配置する場合にクリックします。寸法線と最初の交差通り芯間のオフセットの値を入力します。[設定]ボタンをクリックすると、[寸法の設定]ダイアログが開きます。

鎖アイコンをクリックすると、[寸法表示]と[全体寸法]の属性が同じになります。

[通り芯外周内に柱および梁を保持]:柱および梁が通り芯の外周内に表示されるよう移動する場合にチェックします。

通り芯の通り芯パネル

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/GridElements.png 

[通り芯設定]:通り芯を開いてこの通り芯システム内の全ての通り芯のプロパティを設定する場合に、このボタンをクリックします(全ての通り芯の表示が同じになります)。

[オフセット]:最後の交差通り芯を越えて通り芯を延長する距離の値を入力します。

[配置位置]:4つの位置決め矢印のどれかをクリックして、通り芯システムの配置位置を定義します。

[マーカー]:通り芯システムの4つの面をそれぞれチェックして、マーカーを配置します(通り芯の配置中に回転を定義すると、この面も回転します)。

[重複する通り芯マーカーを自動整列]:これをチェックすると、通り芯マーカーが重複しそうな場合に自動的に横にずらして配置されます。

通り芯の名前設定パネル

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/GridNamingPanel.png 

このパネルを使用して、この通り芯システムの通り芯に名前を付けるのに使用するロジックを定義します。2つの通り芯方向に別々の名称スタイルを定義できます。

円弧通り芯の場合:円形軸と半径軸

「水平」および「垂直」グリッドラインへの名前設定の割り当ては、「上」および「下」定義と同様に、通り芯システムの直交位置を基準にして行われます(通り芯システムの配置時に通り芯システムを回転すると、割り当てられた名前もそれに応じて回転します)。

[カスタム]:[配置]パネルのフィールドを使って、全ての通り芯に手動で名前を入力する場合に選択します。[名前設定]パネルで[カスタム]をクリックすると、[配置]パネルのグリッドラインの名前が編集可能になります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/GridNaming.png 

[名前を自動生成]:この通り芯システムの通り芯の名前を自動生成する場合に選択します。

[昇順方向]:2つの方向のうちのどちらかを選択して(上または下矢印をクリック)、自動生成された名前を割り当てる方向を定義します。

[開始]:このフィールドは、通り芯の名前設定の開始値を示します。

[接頭辞]:自動生成されたそれぞれの名前の先頭に表示される静的テキスト。

[接尾辞]:自動生成されたそれぞれの名前の後ろに表示される静的テキスト。

[スタイル]:自動生成された通り芯の名前のスタイルを選択します。数字(1、2、3…)、文字(A、B、C…またはa、b、c…)、ローマ式数字(I、II、III、IV…)のいずれかです。

通り芯の配置パネル

このパネルを使用して、この通り芯システムの水平および垂直通り芯の、数と位置を定義します。

(円弧通り芯の場合:円形軸と半径軸)

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/GridPositionsPanel.png 

「水平」および「垂直」通り芯のパラメータは通り芯システムの直交位置を基準にしていて、通り芯と一緒に回転します。

通り芯を追加:プラス符号をクリックして、通り芯を追加します。

通り芯を削除:マイナス符号をクリックして、通り芯を削除します。

距離を設定:リストされた通り芯の[距離]フィールドをクリックして、前の通り芯からの距離を定義します。リストの最初のグリッドラインの距離は常に0です。

[等分]:グリッドライン間の必要な距離がわからない場合は、グリッドラインのどちらか一方または両方の方向の[等分]ボックスをチェックします。これで、通り芯を配置するときに、通り芯の開始点と終了点を指定した方向に設定し、リストで定義された通り芯の数に従って通り芯を分割できます。