画面オプション

([オプション]→[作業環境]→[画面オプション])

このダイアログボックスには、3つのパネルが表示されます。

[画面オプション]パネル(一番上)は、一般的なARCHICADオプションです。

他の2つのパネル([チームワーク作業領域カラー]と[エネルギー評価モデル再検討カラー])は、それぞれチームワークとエネルギー評価の作業環境に反映されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/130-userinterfacedialogboxes/OnScreenOptions.png 

[オブジェクト、柱、画像、図面の配置枠を表示する]:このボックスをチェックすると、配置しようとするドア、窓、オブジェクト、ランプ、柱、画像、図面要素の配置枠がカーソルに追従します。

[お気に入りとライブラリ部品のプレビューに輪郭を表示]:お気に入りとライブラリ部品の3Dプレビューに輪郭を表示したい場合は、このオプションを選択します。

[編集処理時のみ編集中の平面を表示]:このチェックボックスをオンにすると、3Dウィンドウの編集平面は、3Dウィンドウで実際に編集している間のみ表示されます([表示]→[編集平面表示]で「編集平面表示」がオンになっている場合)。操作を完了すると、編集平面は消えます。

[モデルの自動ペンカラー表示調整]:このチェックボックスをオンにすると、特定の背景カラーの明るさが一定値を下回る場合(つまり、背景が暗い場合)、ARCHICAD画面では黒いペンが白として表示されます。

[レイアウト上のマスター項目に同一カラーを使用する]:レイアウトで全てのマスター項目を単色で表示する場合は、これをチェックします。カラーを選択するには、カラーフィールドをダブルクリックします。

このボックスのチェックをオフにした場合は、要素独自のカラーが適用されます。

[反転要素のハイライトに同一カラーを使用する]:このボックスをチェックすると、反転した組み立て要素が単色で表示されます(上部リンクされた要素に影響を与えるフロア高度を変更した結果、上部高度が下部高度を下回った場合)。カラーを選択するには、カラーフィールドをダブルクリックします。

[フィードバックカラー]:カラーの選択を使用して、編集操作中に表示される境界線とラバーバンド効果のカスタムカラーを設定します。

[ソースマーカーカラー]:カラーの選択を使用して、ソースマーカーを強調表示する場合のカスタムカラーを設定します(ソースマーカー強調表示をオンまたはオフにするには、[表示]→[表示オプション]を使用します)。

詳細は、「ソースマーカーの強調表示」を参照してください。

[マーカー要素の画面表示のみの線種およびペン]:このコントロールを使用して、全てのマーカー要素について、画面に表示される部分の線種およびカラーを設定します。線種は、断面限界線、立面線、断面および立面背景線、展開図線および展開図限界線、詳細/ワークシート境界線です。

チームワーク作業領域カラー

注記:ARCHICAD 22 レギュラー版のみ

[作業領域カラー](チームワークプロジェクトのみ):チームワークプロジェクトのみでの所有権に応じて、要素の強調表示に適したカラーを選択します。

作業領域カラー」を参照してください。

エネルギー評価モデル再検討カラー

エネルギー評価処理の機能に応じてモデル構造を強調表示する任意のカラーを選択します(エネルギー評価のモデル再検討パレットで[3D表示]をクリックすると、建築構造と開口部がこのカラーで表示されます)。

エネルギーモデル再検討カラーのカスタマイズ」を参照してください。