プロパティの使用可能な分類

どのプロパティをどの分類と組み合わせるかを定義するには、プロパティマネージャーのこれらのコントロールを使用します。

左側のリストから1つまたは複数のプロパティまたはグループを選択します。

グループを選択した場合、使用可能な分類の定義はそのグループ内の全てのプロパティに適用されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AvailabilityPanel.png 

[全て]:左側で選択したグループまたはプロパティは、プロジェクト内の全ての分類要素で使用できます。

[なし]:左側で選択したグループまたはプロパティは、プロジェクト内のどの要素でも使用できません (現在のプロジェクトで使用していない特定のプロパティを[なし]に設定する場合がありますが、それでも同じプロジェクトの他のフェーズや、他のプロジェクト、例えばテンプレートなどでそれを使用する必要がある場合もあります)。

[カスタム]:このオプションをクリックしてから、[編集]をクリックしてこのプロパティまたはグループを使用する分類を選択します。

例えば、プレキャストコンクリート構成要素プロパティ(左側で選択)は、右側でいずれかの分類グループが選択されている要素に使用できます。

 //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditAvailability.png

全てのサブ要素に使用可能な分類を適用

1.[使用可能な分類]ダイアログボックスで、親項目をクリックします。

2.右クリックしてコンテキストメニューを表示し、[ブランチを選択]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SelectBranch1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SelectBranch2.png

3.これで親項目の全てのサブ要素が有効になります。

要素の検索と選択:プロパティ別および分類別

プロパティ値別、プロパティの使用可能な分類別、または定義値/未定義値:

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FSAvailable.png 

分類別:

特定の分類分岐(ブランチ)の内部(「ブランチに含まれる」)または直下(「直下の子」)に分類されている要素

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FSClassification.png 

特定の分類システム内の特定の分類(「等しい」/「異なる」)である要素

使用可能な分類を転送

プロパティの使用可能な分類の定義を別のプロパティまたはグループに転送するには、プロパティマネージャーの[転送]ボタンを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TransferAvailability.png 

1.左側のプロパティリストから、使用可能な分類定義を転送するプロパティを選択します。

2.[取得]アイコンをクリックします。

3.使用可能な分類データの転送先のプロパティまたはグループを選択します。

4.[使用可能な分類を転送]アイコンをクリックします。

これに応じて、選択したグループ(またはプロパティ)の使用可能な分類データがカスタマイズされます。

プロパティマネージャーでの変更

プロパティマネージャーで編集後、[OK]をクリックして変更を受け入れ、ダイアログボックスを閉じます。この時点では、[元に戻す/やり直し]を使用して、プロパティマネージャーの編集を元に戻す/やり直すことができます。

プロパティマネージャーでプロパティのデータタイプを編集する場合、このプロパティを使用する全てのプロジェクト要素はその割り当てられた値をできるだけ長く保持します。例えば、可燃性プロパティのTrue/Falseデータタイプを文字列データタイプに変更した場合、Falseに設定された要素の可燃性プロパティ値は、文字列データタイプとして編集可能になったことを除き、このまま保持されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CombustibleFalseFixed.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CombustibleFalse.png

True/Falseから「文字列」に変更されたデータタイプ

プロパティマネージャーの[分類マネージャー]ボタンをクリックすると、プロパティマネージャー内の修正内容を損なわずに、分類マネージャーを開くことができます。

分類マネージャーで必要な変更を追加してから、[OK]をクリックしてプロパティマネージャーに戻ります。プロパティマネージャーは、分類の最新の変更内容を使用して更新されます。