階段のターンタイプ

一般に、階段のターンタイプ(踊り場またはワインダー)とそのオプションは、階段設定で定義します。選択したターンタイプは、階段昇降部の任意の2つのセグメント間の各ターン(階段の基準線を配置するときにクリックした各点)に配置されます。

したがって、全てのターンは同じ設定になります。ただし、配置した階段の各ターンタイプを個別にカスタマイズできます。

下の「階段のターンタイプを編集する」を参照してください。

階段設定のターンタイプを定義する

階段設定または情報ボックスで、階段全体に適用するターンタイプを選択します。

自動踊り場

ワインダー 等角度

ワインダー 均等踏面

注記:米国バージョンのARCHICADでは、踏面は「Goings」ではなく「Runs」と呼ばれます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TurningTypesInfoBox.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TurningTypeSettings.png

タイプごとに、ポップアップをクリックして、特定の設定を調整します。この設定は各ターンタイプに応じて異なります。

踊り場:ターンタイプオプション

ワインダー(等角度):ターンタイプオプション

ワインダー 均等踏面

踊り場:ターンタイプオプション

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/LandingOptions.png 

コーナーからの蹴上オフセット

コーナーからの(リード終端およびトレイル終端に対する)踊り場オフセットを設定します。

オフセットは固定値または最小値として定義します (最小値を選択した場合、階段の入力形状に合わせてオフセットを増やすことも可能です)。

対称的な踊り場(両端のオフセットが同一)を設定する場合は、鎖アイコンをクリックします。

注記:鎖アイコンにより、階段の各ターンに対して対称的な踊り場が設定されます。ただし、階段に複数の踊り場を設定する場合、踊り場ごとに異なるオフセット値が使用されることがあります(オフセット値を固定値ではなく、「最小値」として定義した場合)。

オフセット値は、モデル単位からまたは一定の踏面数として定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/LandingOptionsGoings.png 

ワインダー(等角度):ターンタイプオプション

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/WinderEAOptions.png 

分割方法を設定する

ワインダーの分割方法を選択します。

[最適な踏面幅]:階段の直線昇降部上の踏面幅に最も近いワインダーの踏面幅が自動的に検出されます。

[最大踏面数]:現在の階段設定の制限範囲内で、最大数の踏面がワインダーに自動的に挿入されます。

[踏面数を固定]:下部のフィールドに、ワインダーの固定分割数を入力します。階段設定のその他のルールに関係なく、この設定値に応じてワインダーが分割されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/WinderEA2D.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/WinderEA3D.png

踊り場と同様に、ワインダーの両端に固定値または最小値として蹴上オフセットを設定します。

前述の「コーナーからの蹴上オフセット」を参照してください。

詳細については、ヘルプセンターを参照してください。

ワインダー 均等踏面

均等踏面では、直線段と回り段の両方の全ての踏面が均等です。

注記:米国バージョンのARCHICADでは、踏面は「Goings」ではなく「Runs」と呼ばれます。

単一の階段内では、均等踏面のワインダーには全て同じワインダータイプが使用されます(全て「2点」ワインダーなど)

均等踏面のワインダーでは、計算上の動線をオフセットすることができます。これは踏面に影響を与えます。ターンでの動線のオフセット(均等踏面のワインダー)」を参照してください。

均等踏面のワインダーでは、動線を直線または曲線のいずれかに設定できます。

4つの均等踏面のワインダータイプでは、ワインダーの構築方法が異なります。各タイプについては、そのタイプのダイアログに表示される図を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/WinderEGOptions.png 

均等踏面のワインダーの詳細については、以下を参照してください。

均等踏面のワインダーのワインダータイプ

詳細については、ヘルプセンターを参照してください。

ターンタイプおよびセグメントタイプ

ターンだけでなく、階段セグメントも踊り場またはワインダータイプセグメント(および階段昇降部セグメント)として定義できます。セグメントタイプは、階段設定で定義するのではなく、階段入力時に設定します。

階段のセグメントタイプ」を参照してください。

これらのセグメントの定義により、階段設定で指定した内容とは異なるターンタイプが生成される可能性があります。

いずれの場合も、階段入力後に特定のセグメントや特定のターンのターンタイプオプションをカスタマイズできます。

以下を参照してください。

階段のターンタイプを編集する

階段を配置した場合、ペットパレットを使用して任意のターンのターンタイプ設定を調整できます。

注記:単一の階段内では、均等踏面のワインダーには全て同じワインダータイプを使用する必要があります。均等踏面のワインダーを選択した場合に編集できるオプションは、ワインダー数のみです。

1.平面図で階段を選択します。

2.ターン点をクリックしてから、ペットパレットから[ターンタイプオプション]を選択します。

3.表示されるダイアログボックスで、目的のターンタイプと、適用するオプションを選択します。

[変更を適用]:ポップアップから、クリックしたターンまたは階段全体の全てのターンのいずれかを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TurningTypeOptions.png 

関連トピック

階段のセグメントタイプ