梁と他の要素

交差部(接合部)の組み立て要素における動作の詳細:

要素の交差」を参照してください。

以下の他の機能も梁交差部に影響を与えます。

[要素をスラブに調整]機能を使用すると、梁の上下に配置された1つまたは複数のスラブの特定のレベルに合わせて水平梁を調整できます。

要素をスラブに調整」を参照してください。

梁は、[屋根/シェルで要素を切り取り]コマンドを使用して屋根またはシェルに合わせて切り取ることができます。

屋根/シェルで要素を切り取る」を参照してください。

梁を単一平面屋根に合わせてクロップすることもできます。

単一平面屋根まで要素をクロップする」を参照してください。

梁のその他の梁との自動交差部

ARCHICADでは、[オプション]→[自動包絡]機能がオンになっている場合、梁が別の梁と交差すると自動的に梁の交差、T型およびL型の交差部が包絡処理されます。

結合する梁の1つの端がもう一方の梁の輪郭の中に入っている場合、結合する梁の端は自動的に基準軸に合わせて調整されます。2つの梁の交差優先度が同じ場合、梁の3Dの外観は適宜「包絡表示」されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BeamJoints3DPr.png 

梁の交差部は、交差するか結合する梁が異なる高度を通る場合にも、包絡表示されます。交差する基準線がなく2つの梁が空間ですれ違う場合、交差はそれぞれの交差優先度に応じて包絡表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BeamJointsDiffElev3D.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BeamJointsDiffElev.png 

交差しないようレイヤーを使用」を参照してください。