断面形状マネージャ

以下の手順を実行して、断面形状マネージャを開きます。

[オプション]→[断面形状]→[断面形状マネージャ]

[オプション]→[属性設定]→[断面形状マネージャ]

断面形状マネージャを使用して、[断面形状編集]ウィンドウで断面形状を編集または作成することや、モデルの断面形状要素を選択して管理することができます。

ワークフローについては、「断面形状の作成または編集」を参照してください。

このセクションでは、断面形状マネージャのコントロールについて説明します。

断面形状の新規作成/複製/名前の変更/削除

断面形状マネージャの[断面形状を管理]パネルには、以下のアイコンが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ManageProfilesIcons.png 

モデルの属性の削除と置換」も参照してください。

[使用項目]:断面形状要素タイプの定義

[断面形状マネージャ]では、他の属性設定ダイアログボックスと同様、[使用項目]ボタンによって現在の断面形状を配置するのにどのARCHICADツールを使用できるかが決まります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/UseWithProfile.png 

注記:断面形状の[使用項目]定義は属性マネージャーでも使用できます。断面形状(属性マネージャー)」を参照してください。

作図レイヤーパネル

このパネルを使用して、[断面形状編集]ウィンドウの要素の表示/非表示を切り替えます。

このパネルは、[断面形状編集]が開いている場合にのみ有効になります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/DesignLayers.png 

構造

[断面形状編集]ウィンドウの塗りつぶしまたはホットスポット要素の表示/非表示を切り替えます。これらの要素は断面形状の一部として保存および使用されます。

下書き

その他の作図ツール(線、円弧、ポリラインなど)で描画された要素の表示/非表示を切り替えます。

これらの要素は断面形状属性の一部として保存されますが、配置した断面形状には表示されません。

ストレッチ形状変更

[断面形状編集]ウィンドウのストレッチ形状変更の表示/非表示を切り替えます。

ストレッチ形状変更」を参照してください。

公称幅/高さ

[断面形状編集]ウィンドウで断面形状の公称幅/高さを示す寸法の表示/非表示を切り替えます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShowHideNominalLines.png 

[公称幅/高さ]は、リスト可能な要素パラメータであり、配置した要素の設定ダイアログに表示されます。幅/高さストレッチが形状変更パネルで有効な場合、その値を編集できます。

公称幅/高さ」を参照してください。

一方、合計幅/高さにはオフセット形状変更による要素レベルの調整も含まれるため、要素の境界線全体のサイズが反映されます。オフセット形状変更の制約により、要素の設定ダイアログでは合計サイズを編集することはできません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/NominalElementSettings.png 

公称幅/高さの寸法の位置を変更するには、寸法表示をクリックしながらドラッグします。公称寸法の終端をクリックすると、断面形状の別の部分(断面形状の境界線の外側など)に合わせて長さを変更して調整できます。長さを変更しない場合、[断面形状編集]で定義された塗りつぶしの境界線に合わせて、長さが自動的に調整されます。

オフセット形状変更と同様に公称寸法の終端を塗りつぶしノードに連動させることができますが、制約違反が発生する可能性があります。この場合、警告が表示されます。

オフセット形状変更

オフセット形状変更の寸法および割り当てられた辺/ノードのハイライトの表示/非表示を切り替えます。

これを「非表示」に設定した場合でも、形状変更リストで現在選択されているオフセット形状変更は常に表示されます。

オフセット形状変更」を参照してください。

開口参照

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/OpeningReference.png 

このボックスをオンにすると、平面図に断面形状壁を配置したときに、ドア/窓を配置する基準線が表示されます。

[断面形状編集]ウィンドウで開口参照線の表示/非表示を切り替えるには、視点アイコンをクリックします。

必要に応じて、断面形状の形に合わせて線を編集、延長、または切断し、開口部の位置と方向を適切に設定してください。

[開口参照]がオフの場合、建具は断面形状要素の境界線に沿って配置されます。

[形状変更]パネル

以下を参照してください。

ストレッチ形状変更

オフセット形状変更

構成要素パネル

[断面形状編集]ウィンドウで、塗りつぶし構成要素を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SelectProfile.png 

断面形状マネージャの[構成要素]パネルを使用して、以下のパラメータを編集します。

構成要素タイプ

選択した構成要素(躯体、仕上げ、またはその他)を定義します。この定義は、複雑な要素の躯体表示に反映されます。

詳細については、「躯体表示」を参照してください。

材質上書き

[材質上書き]をオンにして、ポップアップから新しい材質を選択します。これがオフの場合、選択した構成要素では、塗りつぶしのビルディングマテリアルで定義された材質が使用されます。

[断面形状編集]でカスタム材質を使用して、個々の塗りつぶしの辺を上書きした場合、このパネルでは「各種」と表示されます。

切断終端線を表示

これをオンにして、切断終端線を表示します。

選択した断面形状の塗りつぶし構成要素の線種とペンを定義します。要素が切断されている場合、この線種とペンが分離線に使用されます。

構成要素面積のリスト

[基線]または[基礎円]のいずれかを選択して、ARCHICADが構成要素の連動一覧表でこの構成要素の表面積をどのように計算するかを定義します。

断面形状編集で基礎線または基礎円を表示して編集するには、[ビュー]→[表示オプション(スクリーン)]→[構成要素面積の基線/基礎円]をオンにしていることを確認してください。

詳細は、「一覧表内の構成要素リストパラメータ」を参照してください。

輪郭の統一パネル

統一した線種およびペンカラーを切断線および全ての分離線に一度に適用できます(このパネルは、[断面形状編集]ウィンドウを開いている場合にのみ有効になります)。

これらの設定は配置した断面形状に適用され、オフセット形状変更による全ての変更を反映します。

断面形状マネージャのプレビューウィンドウにフィードバックが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/UniformProfile.png 

[輪郭]:断面形状要素の全ての輪郭線(外側の線)に統一する線種およびペンカラーを選択します。

[分離線]:断面形状要素の全ての分離切断線(内側の線)に統一する線種およびペンカラーを選択します。

注記:

2つの塗りつぶしのビルディングマテリアルが同一である場合、その境界線は取り除かれます。

オフに設定された辺([切断線を表示]がオフ。下記参照)には、統一した輪郭の設定は適用されません。

カスタム材質または線を断面形状辺に適用する」も参照してください。