平行要素からの断面形状の作成

断面形状を簡単に作成するには、[編集]→[変形]→[壁/柱/梁を結合]を使用します。

このコマンドを使用するには、モデルウィンドウに複数の壁、柱、または梁を描画します。各要素は同じタイプでなければならず、互いに平行になっている必要があります (曲線壁または湾曲梁の場合は、同心円であることが必要です)。

このコマンドを実行すると、元の要素に代わる新しい断面形状要素が作成されます。新しい断面形状要素は元の要素を結合した長さと同じになり、元の要素の属性だけでなく、全ての壁の開口部の属性を継承します。

デフォルトでは、新しい断面形状には「カスタム」という名前が付けられますが、[断面形状編集]でその断面形状を開き、修正して新しい名前で保存することができます。

2つ以上の平行な直線壁を結合するには、[壁を結合]コマンド([編集]→[変形]メニュー)を使用します。壁は同一の長さになり、操作結果としての壁の断面は、2つの壁の断面を結合したものになります。2つの壁のボディは接している必要はなく、相互に離れていてかまいません。このコマンドは、台形壁とポリゴン壁では機能しません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MergeWalls.png 

[柱を結合]コマンド([編集]→[変形]メニュー)を使用すると、軸が相互に平行である2つ以上の柱を結合できます。この条件を満たす場合、全てのタイプの柱(垂直、傾斜、カスタム断面形状)を結合できます。3つ以上の柱を同時に結合できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MergeColumns.png 

[梁を結合]コマンド([編集]→[変形]メニュー)を使用すると、軸が相互に平行である2つ以上の梁(水平、傾斜、カスタム断面形状)を結合できます (湾曲梁の場合は、同心円であることが必要です)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MergeBeams.png 

関連トピック

選択した要素に断面形状を適用する

断面形状の作成または編集

断面形状マネージャ