ストレッチ形状変更

これは、[断面形状マネージャ]([オプション]→[属性設定])のコントロールです。

[形状変更]パネルの[幅ストレッチ]/[高さストレッチ]をオンにします。これにより、配置した断面形状要素の断面のサイズを変更できます(幅/高さの増減)。

[断面形状編集]のストレッチ線の表示/非表示を切り替えるには、[作図レイヤー]パネルの[ストレッチ形状変更]コントロールを使用します。この画像では、ストレッチ線が黄色で強調表示されています。

ストレッチ形状変更により、ストレッチ/縮小する形状の境界がマークされます。

壁の場合:高さまたは厚さ

梁の場合:高さまたは幅

柱の場合:奥行きまたは幅

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/HorizontalStretch.png 

配置した要素をいずれかの方向にグラフィカルにストレッチすると、ストレッチ形状変更がモデルウィンドウにフィードバックとして表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/StretchWidth.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/StretchDepth.png

配置した断面形状のストレッチした部分のフィードバック

要素の設定は、ストレッチを高さ/幅パラメータ値に反映します(カーソルを合わせると公称値および合計値が表示されます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ProfileTotalHover.png 

公称幅/高さ」も参照してください。

注記:ストレッチ形状変更がサポートされるのは、壁、梁、および柱の断面形状のみです。