連動手摺りを配置する

デフォルトでは、新規の手摺りは別のモデル要素に連動するように設定されます。手摺りは、1つまたは複数の階段、スラブ、壁、屋根、またはメッシュに連動させることができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AssociativeDefault.png 

つまり、これらの要素の形状を修正すると(手摺りを配置した階段など)、それに応じて連動する手摺りの形状も移動します。親要素を削除すると、手摺りも削除されます。

手摺りは、以下の要素に連動させることができます。

階段(手摺りは階段の境界に連動します)

スラブおよび屋根の基準面

壁の基準線

メッシュのノードと隆起線(フェンシングなど)

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingMeshAssoc.png 

 //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingWallAssoci.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingRoofAssoc.png

3Dモデル要素に連動する手摺り

以下の例を参照してください。

階段の連動手摺り

1.ツールボックスまたは情報ボックスから、手摺りツールを有効にします。

2.階段境界線の両端をクリックします。境界線は連動手摺り入力時に強調表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingtoStair1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingtoStair2.png 

3.ダブルクリックして、階段に連動する手摺りの描画を終了します。手摺りは、階段の境界線の変更に合わせて自動的に調整されます(辺が曲線または直線に変更され、ノードが挿入または削除されます)。

 //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingtoStair3D.png

階段に連動する手摺り

新しい階段に手摺りを自動的に追加する

階段を配置する前に、手摺りの自動追加処理を選択できます。この場合、階段の情報ボックスで左右のいずれかまたは両側の「手摺り追加」オプションをクリックします。このようにして、2つの要素(階段と手摺り)を同時に配置できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/StairAddRail00065.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingStairAutomatic.png 

階段の情報ボックス:階段を配置するときに手摺りを追加します(右側、左側、両側)

スラブの連動手摺り

1.ツールボックスまたは情報ボックスから、手摺りツールを有効にします。

2.スラブの2つのノードをクリックします。

3.スラブの輪郭線フィードバックにより、手摺りに使用されるスラブの辺が示されます。スラブはポリゴンであるため、複数のソリューションを適用できます。Tabキーを押すと、その他の手摺りパスのフィードバックが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingtoSlab1.png //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingtoSlab2.png

Tabキーを押して、スラブの周囲の手摺りパスを選択します

4.ダブルクリックして、スラブに連動する手摺りを配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingSlabAssociate.png 

連動手摺りは「親」スラブの編集内容に合わせて調整されます

セグメントを反転させる(手摺りポリラインを再定義する)

手摺りをポリゴン要素の一部に連動させると、親要素の他の部分に反転させることができます。

注記:この操作は、親要素がポリゴン(スラブなど)の場合にのみ実行できます。階段の手摺りでは実行できません。

選択したレールセグメントには、[セグメントタイプ]ペットパレットコントロールを使用します。[セグメントを反転]コントロールをオンにして、手摺りを親要素ポリゴンの別の部分に反転させます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SegmentTypePet.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FlipSegment.png

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FlipSegmentEx1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FlipSegmentEx2.png

親要素ポリゴンに従ってレールセグメントを反転させます

マジックワンドを使用して連動手摺りを配置する

マジックワンドを使用して、連動する要素(階段、スラブ、モルフ、壁、屋根)に手摺りを配置します。

手摺りツールを有効にして、スペースキーを押してから任意の要素をクリックすると、辺またはポリゴン形状が自動的に参照されて連動手摺りを配置できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingMagicWand.png