手摺子設定(手摺りツール)

手摺子はパターン内のパターンです。デフォルトでは、パターンに2セットの手摺子が含まれます。パターンエディタで1つの手摺子を選択すると、その全てのインスタンスコピーが選択されます。

手摺子には取付け金具がないため、レールとトップレールの間(セグメントの上部と下部の間)に手摺子を配置できます。

手摺子を追加/削除するには、パターンエディタのプラス/マイナス符号を使用します。

構成要素をパターンエディタに追加する」も参照してください。

パターンに追加できる手摺子の数は、次の制約を受けます。

手摺子の[前からの距離]値。これは[手摺子設定]パネル(下図を参照)で設定します。

[手摺子パターン配列]。これは、パターンが最長のパターン長さの制約を受けるのと同じです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BalusterSettings.png 

手摺子パターン設定

手摺子の上部下部オフセット

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BalusterTopBottomOffset.png 

手摺子セットの上部/下部オフセット値を入力します。

ポップアップを使用して、オフセットの計算方法を定義します。

[セグメント上部]:セグメント高さを基準にしてオフセット値を設定します。

注記:セグメント高さはセグメントの設定で定義します。セグメント高さおよび垂直オフセット」を参照してください。

[レール1]、[レール2]…:パターンにレールを含める場合、特定のレールの高さからの上部/下部オフセットを定義できます。

水平オフセット

手摺子の水平方向のオフセットを定義します。

左/右オフセット

必要に応じて、手摺子パターンの左/右オフセットを入力します。オフセットはパターンの左端/右端から測定されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BalusterOffsets.png 

手摺子パターンのオフセット:水平、左、右

パターン配列と位置(手摺子)

これらのオプションでは、手摺子パターン配列を定義します。

注記:手摺子パターン長さは、手摺りの設定の[セグメント]ページで確認できます。黒色の手摺子は、手摺子パターンを表します (これに対して、セグメントパターン長さは最初の子柱まで到達します)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BalusterPattern.png 

手摺子パターン長さ(セグメント設定のパターンエディタに表示)

以下の4つのパターン配列オプションのいずれかを選択します。

[パターンを均等に分配]:手摺子パターンが、セグメントパターン全体に繰り返されます。必要に応じて、パターン長さが調整(ストレッチ)されます。

ここには、手摺子パターンの最大長を入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EquallyDistributeBalusters.png 

[固定パターン長さ]:手摺子パターン長さが固定されます。

手摺子パターン長さは、下部の[手摺子設定]で定義する手摺子セットの位置の合計値です。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FixedPatternLengthBaluster.png 

[セグメントを分割する]:手摺子パターン長さを分割します(フィールドには分割数(例:5)を入力します)。分割数に正確に適合するように手摺子パターンがストレッチされます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/DivideSegmentDivisionsBaluster.png 

[連動階段の場合:手摺子パターンを階段の踏面に合わせる]:階段に連動する手摺りに使用します (このオプションをオンにすると、その他の手摺子パターン配列オプションが上書きされます)。

セグメント設定の「連動階段の手摺り」も参照してください。

[手摺子設定]パネル

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BalusterSettingPanel.png 

手摺子としてGDL構成要素を選択します。

GDL構成要素の設定を行うには、下部のパネルを使用します。「支柱構成要素の設定(支柱/子柱/手摺子)」を参照してください。

事前定義済みの内容に加え、支柱としてカスタム構成要素を保存し、それを手摺子として使用できます。

詳細は、「階段と手摺りのカスタムサブ要素」を参照してください。

手摺子位置

パターンエディタで選択した各手摺子セットに対して、前からの距離として手摺子の位置を定義します (複数の手摺子セットが存在する場合、2つの値の合計値が手摺子パターン長さになります)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BalusterDistance1.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BalusterDistance2.png