手摺りの設定:概要

[手摺りツール]アイコンをクリックして、主要な設定ページを開きます。ページの左側に詳細ツリーが表示されています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailingSelectionSettings.png 

このメインページの各コントロールについては、「手摺りの設定:形状とシンボル表示」を参照してください。

ツリーには、2つの主要な構成要素としてセグメントとノードが表示されています。各ページでセグメントとノードに固有のパラメータを設定します。

セグメントは、(ポリラインのセグメントと同様に)2つのノード間の手摺り部分です。セグメントには、独自の設定として、レールパターンやセグメント高さなどがあります。

セグメント設定(手摺りツール)」を参照してください。

ノードは、(ポリラインの点と同様に)レールセグメントを分割する点です。各ノードには、1つまたは複数の支柱が配置されます。

ノード設定(手摺りツール)」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SegmentNodeTree.png 

セグメントとノードのサブページを使用すると、手摺り構成要素(レール、支柱、パネルなど)を詳細に設定できます。

関連トピック

手摺りの設定:形状とシンボル表示

セグメント設定(手摺りツール)

トップレール設定(手摺りツール)

ハンドレール設定(手摺りツール)

レール設定(手摺りツール)

子柱設定(手摺りツール)

手摺子設定(手摺りツール)

パネル設定(手摺りツール)

ノード設定(手摺りツール)

親柱設定(手摺りツール)

接続設定(トップレール、ハンドレール、レール)

レール終端(トップレール、ハンドレール、レール)