レール終端(トップレール、ハンドレール、レール)

各レールタイプ(トップレール、ハンドレール、標準レール)の終端には、1つまたは複数の延長セグメントを設定できます。

手摺りの設定(終端ページ)のポップアップリストからレールタイプを選択して、レールタイプごとに個別に終端パラメータを設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailEndSettingsGen.png 

レール終端形状を定義する

レール終端を構成する延長には、単一の直線延長、カーブ、またはフルリターンの形状を指定できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailEndings.png 

終端設定から目的の終端を選択します。延長の長さは右側のフィールドで設定します。

注記:

終端が不要な場合は、延長の長さを0に設定します。

標準レールに使用できるのは、単一の延長のみです。

複製ハンドレール:4番目のオプションを使用して、ハンドレールとその反対側の複製ハンドレールを接続します。

複製ハンドレールの両端を接続する」を参照してください。

レール終端を編集する

手摺りの設定で定義した終端設定は、レール(トップレール/ハンドレール)の両端に適用されますが、編集モードで終端をカスタマイズすることもできます。

編集モードで終端をグラフィカルに編集します。ホットスポットを使用して、選択した終端の延長の長さ、距離、角度を編集できます。ノードで複数の編集操作が可能な場合、ペットパレットにオプションが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ToprailEdit2.png          //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ToprailEdit3.png

3Dおよび断面図でレール終端をグラフィカルに編集します

情報ボックスまたは終端設定を使用して、選択したレール終端の設定を調整します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ToprailEdit1.png 

傾斜レール:終端形状

情報ボックスまたは手摺りの設定で、傾斜レールの終端形状を選択します(直角、垂直、水平)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SlopedRailingEndGeometry2.png 

傾斜レールの終端:セグメント接線または水平

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EndTangent.png 

このオプションを使用して、傾斜レールの終端に水平セグメントを設定します。

追加するセグメントの長さと、必要に応じて隅切り値を入力します。

材質上書き

異なる材質を使用して終端構成要素を表示します。

終端構成要素をレール終端に追加する

終端構成要素はレールの延長セグメントに追加されます。

1.必要に応じて、終端構成要素のパネルからレール終端オブジェクトを選択します。

2.[ハンドレール終端構成要素設定]パネルを使用して、パラメータを設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailEndProfile.png