レールセグメントおよびノードの操作

セグメントは、(ポリラインのセグメントと同様に)2つのノード間の手摺り部分です。セグメントには、独自の設定として、レールパターンやセグメント高さなどがあります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AssociativeSegments.png  //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TwoSegments3D.png

2つのセグメントで構成される1つの手摺り

セグメントとノードは、編集モードで[セグメントとノード]設定をオンにすると、簡単に確認できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TwoSegmentsEditDependent.png 

編集モードの[セグメントとノード]

セグメント内の全ての構成要素インスタンスは、相互のクローンです。これは編集モードで確認できます。例えば、手摺子または子柱を選択すると、セグメント内のその全てのインスタンスが選択されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SelectInnerPost.png 

編集モード:全ての子柱インスタンスが選択されています

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SelectBalusters.png 

編集モード:全ての手摺子インスタンスが選択されています

個別セグメントとノードを作成

必要に応じて、選択した連動手摺りのセグメントから個別のセグメントを作成できます。

手摺りを選択して、ペットパレットコマンドを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CreateIndependent.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TwoSegmentsEdit.png 

2つの個別セグメントで構成される1つの手摺り

ノード

ノードは手摺りポリラインの各点で生成されます。各ノードには、1つまたは複数の支柱が配置されます。

関連ノード

連動手摺りの表示ノードは、丸いドットで表されます。これはクリックして手摺りを定義した各点に生成されます。

連動手摺りを配置する」も参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AssociateNodes1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AssociateNodes2.png

表示される関連ノード

非表示ノードが存在する場合もあります。連動手摺りを配置するときに、明示的にクリックしなかった場合でもノードが自動的に生成されることがあります。例えば、ポリゴンの2つの対角をクリックした場合などです。

これらもドットとして表示されませんが、関連ノードです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AutoNode.png    //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AutoNode2.png

自動的に生成された関連ノード(非表示)

固定ノード(正方形のドット)

手摺りの固定ノードは正方形で表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AddNewNodeRailing1.png 

新しい固定ノードを追加します

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AssocStaticNodes.png 

スラブに沿った手摺りの関連ノードと固定ノード

関連トピック

ノード設定(手摺りツール)

セグメント設定(手摺りツール)

関連セグメント/ノードを固定セグメント/ノードに変更する

関連セグメントを固定セグメントに変更する

1.手摺りを選択します。

2.セグメントをクリックします。

3.ペットパレットの[レールセグメントタイプ]コマンドを使用して、[セグメントタイプ]ダイアログボックスを開きます。

4.[固定セグメント]を選択します。

セグメントとスラブの連動処理が解除されます。

これで、2つの形状(例:スラブとセグメント)を個別に編集できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SegmentTypePet00066.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SegmentTypeDB.png

レールセグメントタイプ:固定または関連

その他の方法:

1.手摺りを選択します。

2.編集モードを開始します。

3.セグメントを選択します。

4.情報ボックスを使用するか、[セグメント設定]ダイアログを開き、設定を関連から固定に変更します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SegmentAssociativity.png 

手摺りの関連ノードを固定ノードに変更する

1.手摺りを選択します。

2.関連ノードを選択します。

3.以下のいずれかを実行します。

関連ノードを親要素から新しい位置に移動します。

ペットパレットの[レールノードタイプ]コマンドを使用して、[ノードタイプ]ダイアログボックスを開き、[固定ノード]をオンにします。

4.レールノードとスラブノードの連動処理が解除されます。ノードの形状が矩形に変更されました。

これで、2つの形状(例:スラブノードとレールノード)を個別に編集できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/StaticNodeSwitch.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AssociateNodes3.png

レールノードタイプ:固定に変更

その他の方法:

1.手摺りを選択します。

2.編集モードを開始します。

3.ノードを選択します。

4.情報ボックスを使用するか、[ノード設定]ダイアログを開き、設定を関連から固定に変更します。