パネル設定(手摺りツール)

これらの設定を使用して、パターンエディタで手摺りパネルを追加、削除、定義します。

パネルをパターンエディタに追加する

パネルを追加/削除するには、パターンエディタのプラス/マイナス符号を使用します。

構成要素をパターンエディタに追加する」も参照してください。

2つの子柱またはレール間の何もない空間にパネルを追加できます。手摺子が配置されている場合、パネルを追加することはできません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PostBetPanels.png 

子柱で分割されたパネル

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RailBetweenPanels.png 

レールで分割されたパネル

パネル設定

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RPanelSettings.png 

ポップアップから、パネルとして使用するGDL構成要素を選択します。

GDL構成要素の設定を行うには、下部のパネルの設定を使用します。「手摺りパネル構成要素の設定」を参照してください。

事前定義済みの内容に加え、パネルとしてカスタム構成要素を保存できます。

詳細は、「階段と手摺りのカスタムサブ要素」を参照してください。

パネル位置を定義する

セグメント上部/下部またはレール(パターンに含まれる場合)を基準にして、パネルの上部/下部オフセットを定義します。

注記:セグメント高さはセグメントの設定で定義します。セグメント高さおよび垂直オフセット」を参照してください。

子柱からの左/右オフセットを定義します。

注記:正のオフセット値を指定した場合、パネルサイズは縮小されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RPanelTopBottom.png 

[水平オフセット]:パネルの水平方向のオフセットを定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RPanelOffsets.png 

手摺りパネル構成要素の設定

パネルの2Dシンボルタイプ

パネル構成要素設定の[2D表示]タブページでシンボルタイプを選択します。

パネルの2Dシンボル表示

下部のコントロールを使用して、パネル構成要素の2D表示を設定します(手摺りの表示部と非表示部)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RPanel2DSymbol.png 

パネルの2Dシンボルの表示/非表示を切り替える

デフォルトでは、2Dビューのパネル構成要素の表示設定は、[ドキュメント]→[モデル表示]→[モデル表示オプション]で定義します。

手摺りの設定でパネルの表示設定をカスタマイズします (「手摺りの平面図シンボル構成要素」を参照してください)。

取付け金具を表示

手摺りの[パネル構成要素設定]の[スタイルと寸法]タブページの[取付け金具]をクリックして、タイプ、サイズ、断面形状、ビルディングマテリアル、数などの設定にアクセスします。

コントロールは、選択する取付け金具のタイプ(ブラケット、点取付け金具、チャンネル取付け金具)に応じて異なります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RPanelFixing.png