ハンドレール設定(手摺りツール)

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/HandrailSettings.png 

セグメントパターンには、最大2つのハンドレールを含めることができます (それぞれ複製することができます。後述の「複製ハンドレールを使用する」を参照)。

ハンドレールを追加/削除するには、パターンエディタのプラス/マイナス符号を使用します。

構成要素をパターンエディタに追加する」も参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Handrail2.png 

パターンエディタで選択した各ハンドレールに対して、[ハンドレール設定]でパラメータを定義します。

ハンドレールとしてGDL構成要素を選択します。

GDL構成要素の設定を行うには、下部のパネルを使用します。「レール構成要素設定(トップレール/ハンドレール/レール)」を参照してください。

手摺りの左側または右側(左右のいずれかは手摺りの入力方向に基づいて決まります)あるいは両側にハンドレールを配置します(下記を参照)。

[水平オフセット]:ハンドレールの水平方向のオフセットを定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TwoHandrails3D.png 

2つのハンドレール

複製ハンドレールを使用する

各ハンドレールのそれぞれを手摺りの反対側に複製することができます。この場合、ハンドレールの物理的な総数は4になります。複製を行うには、[ハンドレール設定]で「両側」を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/DoubleHandrail.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/DoubleHandrail3D.png 

2つの複製ハンドレール

複製ハンドレールの両端を接続する

複製ハンドレールの両端を接続するには、手摺りの設定の終端ページを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ConnectDoubleHandrails.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ConnectDoubleHandrails3D.png 

レール終端(トップレール、ハンドレール、レール)」も参照してください。