セグメントパターン設定(手摺りツールのパネル)

これらのコントロールを使用して、レールセグメント内でパターンを配列する方法を定義します。

パターンの設定については、前述の「パターンエディタ(手摺りツールの設定)」を参照してください。

注記:パターン配列設定はセグメント内のパターンに影響を与えます。(ノードで停止することなく)複数のセグメントにパターンを継続する場合は、ノード設定の「パターン連続」を参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PatternDistribute.png 

パターン配列と位置

以下の3つのパターン配列オプションのいずれかを選択します。

[固定パターン長さ]:セグメント全体にわたって、固定長を使用してパターンが配列されます。パターンはセグメントの終端で中断します。

このオプションを使用する場合、パターンはストレッチされません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FixedPatternLength.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FixedPatternLength3D.png 

固定パターン長さ(必要に応じてパターンを中断)

ここではパターン長さは編集できません。パターン長さは、パターンエディタの白色領域内の右端の子柱まで続きます。

パターン長さ」も参照してください。

[セグメントを分割する]:セグメントの分割数を入力します(例:2)。分割数に正確に適合するようにパターンがストレッチされます。

このオプションを使用するとパターンがストレッチされるため、手摺子間の距離が変化する場合があります。

子柱の位置も変化する場合があります。子柱を固定するには(パターンストレッチの影響を受けないようにするには)、[子柱設定]の[前からの距離]値をロックします (「子柱設定(手摺りツール)」を参照)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/DivideSegmentDivisions.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/DivideSegmentDivisions3D.png 

2つに分割したセグメント(分割に合わせてパターンをストレッチ)

[パターンを均等に分配]:セグメント全体にわたって、パターンが均等に配列されます。パターンがセグメントの終端で中断しないように、パターン長さが調整(ストレッチ)されます。ここには、最長のパターン長さを入力します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EquallyDistribute.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EquallyDistribute3D.png 

セグメント全体にパターンを均等に分配(中断しないようにパターンをストレッチ)

注記:このオプションを使用してパターンがストレッチされた場合でも、手摺子間の間隔は影響を受けません。手摺子の間隔は[手摺子設定]で指定します(「[手摺子設定]パネル」を参照)。

関連トピック

パターン連続