腰折れ屋根

腰折れ屋根はマンサード屋根と似ていますが、両端に切妻があります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MultilevelRoof3D.png 

1.切妻屋根から開始します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Gable3D00033.png 

2.屋根を選択します。

3.屋根の設定の[複合平面形状]パネルで、[追加]をクリックして新しい屋根レベルを追加します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AddRoofLevel00034.png 

4.各レベルの勾配を調整します。最初の勾配の大きいレベルは50度です。上部の勾配の小さいレベルは25度です。

5.レベル1が1500 mm(レベル2の開始高度)で終了するようにレベル1の高度を調整します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RoofLevelAdjust.png 

6.屋根の設定の[モデル]パネルで、適宜、材質を調整します。

7.[OK]をクリックして、屋根の設定を閉じます。腰折れ屋根が完成しました。追加の屋根レベルは、平面図に点線で示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MultilevelRoof.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MultilevelRoof3D00035.png