入母屋屋根

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Gablet5.png 

1.通常の寄せ棟屋根から開始します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/HipRoofFP00031.png 

寄せ棟屋根の作成方法については、「寄せ棟屋根」を参照してください。

2.屋根を2レベルの屋根に設定します。屋根の設定を開き、[複合平面形状]タブページに移動します。

[追加]をクリックして、2番目のレベルを追加します。

最初のレベルの終点(2番目のレベルの始点)の高さを入力します。勾配は両レベルとも同じ値に設定できます。

[OK]をクリックして、屋根の設定を閉じます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Gablet1.png 

3.3Dで2レベルの屋根を表示します。勾配が両レベルともに均一であるため、2番目のレベルが始まる位置を選択して確認する必要があります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Gablet2.png 

4.2番目のレベルの両端を切妻に設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Gablet3.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Gablet4.png 

屋根平面を切妻に変更する」を参照してください。

5.屋根の最終結果を表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Gablet500032.png