平面図で単一平面屋根を作成する

注記:以降で説明する新しい屋根の描画とは別に、複合平面屋根を選択して、それを複数の単一平面屋根に分割することもできます。これには[編集]→[変形]→[単一平面屋根に分割]または[デザイン]→[屋根修正]→[単一平面屋根に分割]を使用します。

1.屋根ツールを選択します。屋根の設定または情報ボックスで、主要な屋根パラメータ(勾配、材質など)を調整します。

2.情報ボックスまたは屋根の設定から単一平面の組み立て法を選択します。

3.情報ボックスで3つ図形作成法(ポリゴン、長方形、回転長方形)のいずれかを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RoofGeomMethods.png 

4.平面図上を2回クリックして屋根の基準線を定義します。

たいていの場合、屋根の基準線を壁の基準線またはスラブの辺に一致させることになります。

5.目玉の形のカーソルが現れます。基準線のどちら側かをクリックして、屋根を高くする側(あるいは、屋根の勾配がマイナスの場合は、屋根を低くする側)を指定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PivotLine1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PivotLine2.png

6.ここで、新しい屋根の各節点をクリックして、屋根の輪郭を描画します。あるいは、マジックワンドを使用します。この場合、既存の要素をクリックして、屋根の輪郭のパターンとして使用します。

マジックワンド」も参照してください。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RoofFloorPlan.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Roof3D.png