屋根平面をカスタマイズする

複合平面屋根の場合、任意の平面をカスタマイズして、屋根全体の実際の設定とは異なる材質、軒の出、および勾配を設定できます。

[平面のカスタム設定]ダイアログボックスを開くには、以下の手順を実行します。

1.屋根を選択します。

2.カスタマイズする屋根平面の基準線をクリックします。

3.ペットパレットから[平面のカスタム設定]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PetPaletteRoofCustom.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CustomizeRoofPlane.png 

ここで、以下の1つまたは複数のカスタム設定を行います。

勾配

軒の出

上面材質または下面材質(勾配屋根の平面でのみ使用可能)

注記:カスタム辺材質を適用するには、[辺のカスタム設定]を使用します。

屋根または屋根穴の辺をカスタマイズする」を参照してください。

表面塗りつぶし

変更の適用

[変更を適用]:以下を選択してカスタム設定を適用します。

クリックされた平面(デフォルト)

クリックされたレベル(現在の屋根レベルの全ての平面。これは複合レベル屋根の場合にのみ有効です)

屋根レベルを追加する」を参照してください。

全ての平面

屋根の設定のカスタム値

屋根の設定では、屋根勾配、軒の出、材質、曲線解像度の値の表示は変更されません。これは屋根全体の設定が反映されているためです。

ただし、黄色のパッチがコントロールの横に表示されます。これは、少なくとも1つの屋根パネルまたは辺がカスタマイズされており、設定が異なることを示します。

ダイアログボックスを開いたまま、後から屋根の設定でこれらのいずれかの値を変更すると、黄色のパッチ(「カスタム平面」を提示)は赤色のシャドウになります。これは、屋根平面の設定が変更されることを意味します。この変更をカスタマイズする平面にも適用するかどうかを設定します。適用する場合は、屋根設定の一番下にあるボックス([変更をカスタム平面/辺にも適用])を選択します。このボックスをオンにしない場合は、カスタム平面は以前の設定のままで変更されません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RoofSettingsPatches.png