屋根について

単一平面または複合平面のいずれかの図形作成法を選択して屋根要素を作成できます。

他の組み立て要素と同様に、屋根の基本的な構造はビルディングマテリアルから取得されます。これは屋根ツールの設定で定義します。

複合平面屋根は、複合平面ですが単一要素です。いずれかの平面を編集すると、残りの平面はその新しい形状に合わせて自動的に調整されます。各平面は個別に編集でき、勾配や材質など必要に応じて変更することができます。複合平面屋根には複数のレベルを設定できますが、ARCHICADでは構成要素の編集後でもそのような屋根は単一要素のままです。

複合平面屋根は複数の単一平面屋根に分割することができます。これを行うには、複合平面屋根を選択して、[編集]→[変形]→[単一平面屋根に分割]コマンドまたは[デザイン]→[屋根修正]→[単一平面屋根に分割]を使用します。

屋根とその他の要素の接続

交差部(接合部)の組み立て要素(屋根を含む)における動作の詳細:

要素の交差」および「要素の結合:屋根、シェル、モルフ」を参照してください。

ARCHICADの屋根(およびシェル)は、切り取り要素として機能します。[接続]コマンドを使用すると、屋根を使用してその他の組み立て要素を切り取ることができ、それらを後から編集しても、要素に合わせた接合状態は維持されます。

[接続]コマンドを使用すると、複数の屋根要素を相互に切り取り、それらをより複雑な構造に結合できます。

屋根/シェルで要素を切り取る」を参照してください。

基準線

屋根の高度は基準線または基準ポリゴンの高度によって測定されます。基準線および基準ポリゴンは、屋根の作成時に描画する水平の線で、印刷されません。屋根の基準線または基準ポリゴンを編集して、屋根形状をグラフィカルに変更することができます。この機能は特に複合平面屋根を使用する場合に便利です。

3Dウィンドウでは、編集しやすいように基準線が特定の色で表示されます。この色を変更するには、[オプション]→[作業環境]→[選択と要素情報]にある「3D上の参照線」を使用します。

たいていの場合、屋根の基準線を壁の基準線またはスラブの辺に一致させることになります。

注記:[表示]→[表示オプション]の[屋根基準線]オプションを無効にすると、平面図上の全ての基準線を隠すことができます。

基準線高度は、屋根の情報ボックスに表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PivotLineElevation.png 

これは、屋根の設定の屋根の[配置フロアまで基準線をオフセット]と同じ値です。

屋根勾配

[屋根勾配]は基準線から測定します。

屋根勾配の値は、情報ボックスにも表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RoofPitch.png 

屋根勾配を変更する」も参照してください。

平面図の屋根表示

屋根の設定を使用すると、屋根のパラメータを定義できます。

[平面図の切断面]を要素の投影設定と組み合わせて使用して、配置済みの屋根の表示部分を定義します。

平面図の切断面(グローバル設定)」を参照してください。

屋根のデフォルトの[平面図表示]オプションは、[投影線と上部線]です。

屋根の平面図表示についての詳細は、「平面図で個々の要素を表示するには」を参照してください。

ARCHICAD 15以降、全ての屋根は実際の3D投影として平面図に表示されるようになりました。したがって、下図のように勾配屋根平面内の穴の辺など、全ての輪郭が表示されます。

ARCHICAD 14以前のように単一平面屋根を表示する場合、つまり、シンボルモードで上面のみを表示する場合は、プロジェクトの設定を切り替えることができます([オプション]→[プロジェクト設定]→[レガシー]に移動し、表示モードに「シンボル」を選択します)。これは単一平面屋根およびそこに配置される天窓に影響を与えます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AllVisibleContours.png                 //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TopSurfaceOnly.png

新しい要素を屋根に吸引する

吸引コントロールは、屋根の高度を基準として、壁、柱、梁、およびオブジェクトタイプの要素を配置するために使用します。

吸引」を参照してください。

複合屋根を作成する

屋根に複合構造を適用してカスタマイズできます。

詳細は、「複合構造」および「複合構造を壁、スラブ、屋根、またはシェルに割り当てる」を参照してください。

(モデルの[躯体表示]設定は、複合構造の表示に影響を与えます。)

躯体表示」を参照してください。

選択した複合構造を編集するには、コンテキストメニューから設定にアクセスします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditSelectedComposite.png 

屋根の構造が複合構造である場合は、その屋根の厚さを[オプション]→[属性設定]→[複合構造]で定義して、塗りつぶしの厚さの合計と等しくします。

複合構造屋根では、「上部」材質は複合構造の設定で最初に表示される複合構造の層です。