自動切り取り:例1

以下に示すように交差する2つのシェルがあり、これらを相互に切り取る場合を考えます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ConnectShells1.png 

作業中に切り取りボディを確認する場合は、作業を開始する前に切り取りボディをオンに設定できます ([表示]→[表示オプション]→[切り取りボディ])。

1.両方のシェルを選択します。

2.コンテキストメニューから[接続]に移動して、使用可能なコマンドを表示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ConnectShells2.png 

3.[屋根/シェルで要素を切り取り]を選択します。

4.表示されるダイアログボックスで[切り取り]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/TrimElements.png 

5.3D で結果を表示します。相互の切り取りボディと一致する両方の要素の内側部分は削除されます。2つのシェルの切り取りボディは単一の切り取りボディに結合されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ConnectShells3.png