切り取りボディを定義する

この切り取り要素は常に屋根/シェルのいずれかです。屋根/シェルには切り取りボディがアタッチされます。これは、その他の要素に対して切り取りを実行する方向と形状を表します。

多くの場合、屋根/シェルの形状は非常に複雑なため、切り取り操作の実行結果を正確に視覚化することが困難な場合があります。作業中に切り取りボディを確認するには(3Dウィンドウのみ)、[切り取りボディ]([表示]→[表示オプション]メニュー内)をオンにします。

全ての切り取りボディ(シェルの場合、「編集可能」なものを除く)は、実際には上下に無限に拡張するボディを表します(これはフィードバックには表示されません)。

デフォルトでは、屋根の切り取りボディは「回転軸の下部」です。つまり、基準線は切り取りボディの境界であり、そこから下方に拡張します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PivotLinesDown.png 

シェルの場合、デフォルトのボディはシェルの表面から「下部」として定義されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/DownwardExtrusion.png 

ただし、屋根/シェルの設定で切り取りボディの形状を変更できます。これには、シェル(屋根)の設定の[モデル]パネルにある「切り取りボディ」コントロールを使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellExtrusionOptions.png 

屋根とシェルの両方の切り取りボディオプションを以下に示します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PivotandContour.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShellTrimmings.png 

編集可能な切り取りボディ(シェル)

切り取りボディが「編集可能」に設定されているシェルでは、選択したシェルにシェル断面形状の両端を接続する線が表示されます (この線は切り取りボディの限界を表します)。この線は編集可能であるため、切り取りボディの形状を変更できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditInsideBody.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditInsideBody2.png

注記:ポリゴンが閉じた断面形状を作成した場合、この線は編集できません。