モルフテクスチャマッピングおよび配置

テクスチャマッピング

モルフにテクスチャを含む材質を使用する場合、モルフ表面でのテクスチャの表示方法を制御できます。

テクスチャマッピング定義(ボックスまたは平面)は、[選択したモルフの設定]の[モデル]パネルに表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BoxPlanar.png 

ボックスマッピング:デフォルト設定です。このオプションを選択できるのは、モルフ全体を選択した場合のみです(下記の「ボックスマッピング」を参照)。

平面:このオプションを選択できるは、選択項目に1つまたは複数の面が含まれる場合のみです。「平面」定義とは、選択した面にテクスチャを投影する平面を変更し、面の個々のテクスチャ配置と原点を設定できることを意味します。

ボックスマッピング

モルフ全体を選択した場合、およびデフォルトモルフの場合、テクスチャマッピングは常に「ボックス」になります。

「ボックス」とは、(ボックスのように)6つの平面からモルフにパターンを投影することを意味します。平面は6つの平面の中で直近の方向からテクスチャを取得します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BoxProjection.png 

テクスチャの原点はGLです。

ボックスマッピングの原点の設定

1.1つまたは複数のモルフを選択します。

2.[ドキュメント]→[レンダリング]→[3Dテクスチャを調整]→[原点を設定]を使用します。

3.テクスチャパターンを生成する点(コーナーなど)をクリックします。

4.原点が設定されます (複数のモルフを選択した場合、テクスチャ原点は選択した全てのモルフに対して有効です)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BoxOrigin1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BoxOrigin2.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/BoxOrigin3.png

ボックスマッピングテクスチャの方向の設定

1.1つまたは複数のモルフを選択します。

2.[ドキュメント]→[レンダリング]→[3Dテクスチャを調整]→[方向を設定]を使用します。

3.表示されるダイアログボックスで、回転角を入力するか、ベクトルを描画して方向をリセットします。

ボックスマッピングのリセット

ボックスマッピングでは「リセット」とは、テクスチャ原点を基準レベルに戻すことを意味します。

1.1つまたは複数のモルフを選択します。

2.以下のいずれかを実行します。

[ドキュメント]→[レンダリング]→[3Dテクスチャを調整]→[リセット]を使用します。

[選択したモルフの設定]の[モデル]パネルにある[テクスチャをリセット]をクリックするか、情報ボックスの[テクスチャ配置]の横にある[リセット]ボタンをクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ResetTextureMorph.png 

3.テクスチャ原点がリセットされます。

平面マッピング

このオプションを選択できるのは、選択項目に1つまたは複数のモルフ面が含まれる場合のみです。「平面」定義とは、以下を変更できることを意味します。

選択した面にテクスチャを投影する平面

面の個別のテクスチャ原点

面の個別のテクスチャ配置

平面によるテクスチャ投影の設定

1.1つまたは複数のモルフ面を選択します。

2.[ドキュメント]→[レンダリング]→[3Dテクスチャを調整]を選択します ([選択したモルフの設定]の[テクスチャマッピング]コントロールは自動的に「平面」に変更されます)。

3.[原点を設定]/[方向を設定]のいずれかのコマンドを選択します。

4.編集対象の四角形がモルフ面に表示されます。これはテクスチャパターンの単位を表します。

5.編集中の平面を変更して、テクスチャ投影を変更します。

平面による原点または配置の設定

1.1つまたは複数のモルフ面を選択します。

2.[ドキュメント]→[レンダリング]→[3Dテクスチャを調整]を選択します ([選択したモルフの設定]の[テクスチャマッピング]コントロールは自動的に「平面」に変更されます)。

3.[原点を設定]/[方向を設定]のいずれかのコマンドを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PlanarEdit1.png 

4.編集対象の四角形がモルフ面に表示されます。これはテクスチャパターンの単位を表します。

5.四角形上の任意の場所をクリックします。「移動」および「回転」オプションを収めたペットパレットが表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PlanarEdit2.png 

6.以下のいずれかを実行します。

四角形を移動し、クリックして配置します。クリックした点は、面のテクスチャパターンの原点を表します。

[移動]アイコンを選択してテクスチャを移動し、原点を再調整します(上記と同じ効果です)。

[回転]アイコンを選択して、面のテクスチャ方向を回転させます。

7.四角形の外側の任意の場所をかなづちカーソルでクリックして、操作を終了します。