モルフの変換:面をスムーズ/結合

基本的な角度のある形状のモデルを配置した場合に、このコマンドを使用すると、ワンクリックで丸みを付ける効果を適用できます。

非ソリッドモルフのスムージング

例えば、以下のくぼみのあるモルフから作業を開始します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Subdivide1.png 

より滑らかな効果を適用するには、以下の手順を実行します。

1.モルフまたはサブ要素を選択します。

2.[デザイン]→[モルフを修正]→[面をスムーズ/結合]を使用します。

3.[面をスムーズ/結合]ダイアログボックスが表示されます。

現在の(非ソリッド)モルフには外側の境界(面に隣接しない辺)があるため、これらの境界の処理方法を選択できます。

[滑らかな境界]を選択すると、選択した要素またはサブ要素の境界辺にもスムージングが適用されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Subdivide2.png 

[境界を保持]を選択すると、選択した要素またはサブ要素の境界辺は変更されずに、内側の部分のみにスムージングが適用されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Subdivide3.png 

分割レベル:スライダを使用して、適用する分割数を調整します。複雑なモルフや複数のモルフで分割レベルを高く設定すると、ポリゴン数が増加し、モデルサイズの拡大やARCHICADのパフォーマンス低下につながる可能性があります。

ソリッドモルフのスムージング

ソリッドモルフでは、面に隣接しない辺境界がないため、選択した全ての部分が再分割されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SubdivisionLevel.png