モルフの変換:面で覆う

このコマンド([デザイン]→[モルフを修正]→[面で覆う])を使用すると、既存のモルフに面を追加できます。

モルフまたは閉じたポリゴンを形成する一連のモルフ辺を選択します(このポリゴンは空間内の任意の平面上に配置できます)。

[デザイン]→[モルフを修正]→[面で覆う]を使用します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/GenerateMorphFaces.png 

表示されるダイアログボックスから、新しい面の基準を以下から選択します。

シャープな辺

滑らかな表面

モルフ全体を選択した場合:

モルフに閉じた開口部がある場合、面はこれらの開口部を覆うように生成されます。

ポリゴンを形成する一連の辺を選択した場合:

モルフ面が生成されます。

ペットパレットの[追加]コマンドも使用できますが、これは空間内の全ての平面に適用できる点が異なります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CoverFaces1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CoverFaces2.png