モデリングエラーの修正:モルフの確認とソリッド化

非ソリッドモルフとは

非ソリッドモルフとは、2面が正しく隣接しない辺セグメントが含まれるモルフです。つまり、独立した辺(正確に接続されていない2面)を含むモルフを指します。

複雑なモデルを表示している場合、非ソリッドエラーを確認することは困難です。

非ソリッドモルフによって、次のような問題が発生する場合があります。

リストでモルフ体積を計算する場合、非ソリッドモルフの体積はゼロになります。

切断塗りつぶしを割り当てることができるのはソリッドモルフのみです。断面図の非ソリッドモルフは塗りつぶしなしで表示されます。

非ソリッドモルフの修正方法:[ソリッド化]コマンドの使用

このようなモデルの問題を検出して修正するには、以下の操作を実行します。

情報ボックスまたは選択したモルフの設定で、モルフがソリッドであるかどうかを確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SolidSelectionsInfo.png//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SolidSelectionsInfo2.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SolidSelectionsSettings.png 

一部または全てのモルフを選択してから、コンテキストメニューから[ソリッドを確認]コマンドを使用します(または[デザイン]→[モルフを修正]から同じコマンドを使用します)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CheckMorphs.png 

選択したモルフに非ソリッドモルフが含まれる場合、下図のように警告が表示され、該当するモルフと辺がモデル内で強調表示されます。

エラーを修正するには、[ソリッド化]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/NonSolid.png 

[ソリッド化]コマンドでエラーを修正できない場合

[ソリッド化]コマンドを実行しても非ソリッドモルフが自動的に修正されなかった場合、警告が表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SolidifyFailed.png 

該当するモルフと辺がモデル内で強調表示されます。

以下に示すグラフィカルな編集を実行して、モルフ辺を隙間の塗りつぶしに追加して、問題を修正してください。

ペットパレットから[モルフに追加]コマンド(鉛筆アイコン)を使用して、1つまたは複数の新しい辺を隙間に追加します。新しい辺を追加するたびに、自動的にモルフ内に隣接するソリッド面が作成されます。

隙間が存在する既存の辺の上に別の辺を描画すると、面を自動的に生成できる場合があります。

辺の追加が完了したら、モルフを選択して再び[ソリッドを確認]を実行し、編集結果を確認します。