メッシュの表示

メッシュ構造

平面図では、メッシュの輪郭と隆起線のみが表示されます。

注記:他のフロアのメッシュとスラブの平面図の輪郭(配置フロア以外のフロアに表示されている場合)は、[プロジェクト設定]→[レガシー]で設定した線種を使用して表示されます。

3Dでは、情報ボックスまたはメッシュの設定で選択する組み立て法に応じて、以下の3つの方法でメッシュを表示できます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MeshConstruction.png 

表面のみ

表面と側面

ソリッド形状

尾根の表示

メッシュには、ユーザー定義と自動生成の2種類の尾根があります。生成される各尾根は、まだユーザー定義の尾根で結ばれていない高さが異なる2つのメッシュ点を結びます。

ユーザー定義の尾根は、常に表示されます。

[全てを表示]オプションが選択されている場合、ARCHICADは、接続メッシュ節点によって生成された尾根も表示します (このコントロールは、[メッシュツールの設定]にあります)。生成済みの尾根が表示されるのは、立面図では異なる点を結ぶ場合だけです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ShowMeshRidges.png 

3D表現

メッシュの設定の[モデル]パネルのコントロールでは、メッシュの尾根の表示(滑らかまたはシャープ)を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MeshModelPanel.png 

[全てをシャープ]:3Dウィンドウに、三角形を鮮明な形で接合してメッシュを表示します。

[ユーザー定義をシャープ]:シャープに接続したユーザー定義尾根を持つメッシュ表面が表示され、滑らかに接続した表面を持つメッシュがその他の場所に表示されます。

[全てを滑らか]:面を滑らかに接合してメッシュを表示します。

[全てを滑らか]を選択すると、3Dビューにはユーザー定義尾根のみが表示されます。