スラブの作成

スラブの設定でスラブのパラメータを設定します。

スラブツールの設定」を参照してください。

新規のスラブは、平面図または3Dウィンドウのいずれかで作成できます。

選択したスラブの構造(基本または複合構造)に応じて、スラブの基準面の組み立て法オプションが異なります。

スラブの基準面」を参照してください。

スラブの形状

情報ボックスから3つのスラブ図形作成法のいずれかを選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SlabMethods.png 

左側の最初のアイコンにより、ポリゴンスラブを作成できます。壁の場合と同様に、ペットパレットが現れ、スラブの輪郭を表すために直線と曲線を描くことができます。

2番目と3番目のアイコンを使用すると、矩形または回転矩形スラブを作成できます。矩形は、対角の2つの節点を配置して定義します。矩形スラブは、常に通常グリッドに対して平行になります。回転矩形方法では、まず回転ベクトルを定義してから、カーソルを垂直方向に移動してスラブを完成させる必要があります。

複合構造のスラブを作成する

スラブに複合構造を適用してカスタマイズできます。

詳細は、「複合構造」および「複合構造を壁、スラブ、屋根、またはシェルに割り当てる」を参照してください。

(モデルの[躯体表示]設定は、複合構造の表示に影響を与えます。)

躯体表示」を参照してください。

スラブの構造が複合構造である場合は、そのスラブの厚さを[オプション]→[属性設定]→[複合構造]で定義して、塗りつぶしの厚さの合計と等しくします。

注記:選択した複合構造を編集するには、コンテキストメニューから設定にアクセスします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditSelectedComposite00059.png 

複合構造スラブの基準面には、スラブの上端/下端、躯体上端/躯体下端の4つのオプションを使用できます。

スラブの基準面」も参照してください。