ルールアーチ構造シェル

[組み立て法:簡略]を使用してルールシェルを作成するには、平行な平面に2つの断面形状を定義します。この入力方法では、断面形状は以下のようになります。

1番目の断面形状は常にアーチ形状です。

2番目の断面形状は常に直線です。

ここではアーチ構造のルールシェルをこの壁の上に配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/WallNoShell.png 

1.シェルツールのルール図形作成法と[組み立て法:簡略]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RuledVaultIcon.png 

平面図の場合:

2.下方の壁辺の各端点をクリックして、1番目のアーチ構造の断面形状の幅を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RuledVault1.png 

3.カーソルを反対側の壁辺に移動し、壁辺の各端点をクリックして、2番目の直線断面形状の幅を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RuledVault2.png 

4.ルールアーチ構造シェルの完成です。3Dで確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RuledVault300051.png 

3Dウィンドウの場合:

ここではアーチ構造のルールシェルを高さの異なる2組の柱の上に配置します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RuledVault3D_1.png 

1.シェルツールのルール図形作成法と[組み立て法:簡略]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RuledVaultIcon00052.png 

2.高い方の2本の柱をそれぞれクリックして、1番目のアーチ構造の断面形状の幅を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RuledVault3D_2.png 

3.カーソルを反対側の短い方の柱に移動し、クリックして2番目の直線断面形状の幅を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RuledVault3D_3.png 

4.ルールアーチ構造シェルの完成です。3Dで確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RuledVault3D_4.png