押出シェル:波形キャノピー屋根

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Wavy7.png 

1.シェルツールを有効にして、押出図形作成法と[組み立て法:詳細]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ExtrudeIconPolygon00053.png 

2.3Dウィンドウで面または3点をクリックして、断面形状を描画する入力平面を定義します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Wavy1.png 

3.ペットパレットの通常のオプションを使用して、目的の断面形状(この場合、波線)を描画します。クリックして終了します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Wavy2.png 

4.次に、断面形状を押し出します。遠い方の壁まで伸ばしてからクリックして配置します。3Dで結果を確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Wavy3.png 

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Wavy4.png 

5.壁がシェルと交差してシェルに合わせて壁を切り取ることができるように、壁高さを上げます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Wavy5.png 

6.切り取る壁とシェルを選択します。コンテキストメニューから、[接続]→[屋根/シェルで要素を切り取り]を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Wavy6.png 

シェル接続の詳細については、「屋根/シェルで要素を切り取る」を参照してください。

3Dで結果を確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/Wavy700054.png