グリッドパターンをグラフィカルに作成

このワークフローを使用して、3Dまたは断面図タイプのウィンドウでカーテンウォールのカスタムグリッドパターンをグラフィカルに作成します(編集モードを使用)。

注記:カーテンウォールスキームの設定でパターンを事前に定義してから、カーテンウォールを配置することもできます。「スキームの設定でグリッドパターンを設定」を参照してください。

スキームグリッドにフレーム/パネルの任意のパターンで、フレームおよびパネルを配置します。次に、パターンボックスを有効化して、パターンの範囲を定義します。パターンは、カーテンウォール分節内で自動的に繰り返されます。

以下に詳細なワークフローを示します。

1.フレームもパネルもない新しいカーテンウォールを配置します。

カーテンウォールのスキームお気に入りとして「空」または「空グリッド」を使用します(曲線カーテンウォールの場合は「空グリッド」を使用します)。

あるいは、断面図ビューでカーテンウォール境界を描画します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EmptyCWBoundary.png 

2.3Dウィンドウまたは断面図ビューから、カーテンウォールを編集モードで開きます。

3.編集モードの表示メニューで、スキームグリッドを可視に設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EmptyCWEditMode.png 

4.フレームツールおよびパネルツールを使用してフレームを描画し、境界内の任意の場所に任意のパターンでパネルを配置します(パネルを配置するには、パネルツールを起動してフレームの内部をクリックします)。

仮フレームに関する注記

全てのフレームの両端を別のフレームに接続する必要があります。片側の端が別のフレームに接続していないフレームを配置すると、自動的に仮フレームが配置されます(下図を参照)。

仮フレームは、そのフレームを別のフレームに接続すると表示されなくなります。フレームが未接続の状態であるかぎり、仮フレームは保持され、分割フレームとして機能します。隣接するパネルはこの分割フレームで分割されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CustomFrameBegin.png 

5.編集モードの表示メニューの[パターン]項目をクリックしてパターンを表示します。編集可能な赤色のパターンボックスが、カーテンウォールに表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PatternShow.png 

6.矢印ツールを使用して、パターンボックスの辺を選択してドラッグし(ペットパレットの編集コマンドを使用)、パターンを繰り返す範囲を定義します。

7.パターンボックスの辺をフレームのノードにスナップします。パターンボックス内のフレームおよびパネルは、スキームグリッドパターンを構成します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AdjustCWPatternBox.png 

注記:

パターンボックスを簡単にスナップするには、モデル表示オプションセットを使用して、カーテンウォール構成要素をスキーム表示または簡略表示、あるいは軸のみの表示(フレーム)に設定します。

パターンボックスが表示されていても、そのままカーテンウォール構成要素の編集を続行できます。

複数分節のカーテンウォールの場合、編集モードでは、パターンボックスは1度に1つの分節に使用されます。別の分節の上にカーソルを移動しても、パターンボックスは現在の分節に移動します。ただし、パターンを終了すると、1回のクリック操作でそのパターンを全ての分節に適用できます(下記を参照)。

8.パターンボックスで目的のパターンを囲み、[適用]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ApplyPatternBox.png 

複数分節のカーテンウォールの場合、このパターンを全ての分節に適用できます。

9.これで、パターンはカーテンウォール分節(またはカーテンウォール全体)で繰り返されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CWwithPatternAllSegments.png 

カーテンウォールのパターンボックス

パターンボックスは各2辺ずつ実線と点線で表示されます。

パターンボックスの実線と一致するフレームは繰り返され、点線と一致するフレームは破棄されます(これは、パターンボックスに設定が異なるフレームが含まれる場合に適用されます)。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PatternBoxLines.png