カーテンウォールフレームの設定

カーテンウォールの設定の[フレーム]ページには、フレームクラスごとの設定があります。

フレームのツールの設定(編集モード)にも、ほとんど同じコントロールが含まれています。

フレームクラスのリスト

ダイアログの上部に、使用可能なフレームクラスの名前とタイプが表示されます。デフォルトでは、フレームクラスにはコーナー、境界、マリオン、およびトランザムが含まれます。

選択したクラスはプレビューウィンドウに強調表示されます。プレビューウィンドウには、フレームの表面カラーも表示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FrameClassList.png 

フレームクラスを追加

1.[追加]ボタンをクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AddFrameClass.png 

2.表示されるダイアログの項目は以下のとおりです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AddFrameClassDialog.png 

[新規]:デフォルトのフレーム(標準など)に基づいて新しいフレームクラスを作成します。

[複製]:現在選択しているフレームクラスを新しい名前で複製します。

[お気に入り]:ポップアップをクリックして、フレームのお気に入りを選択します。新しいフレームクラスには、このお気に入りの定義が使用されます。

カスタマイズしたフレームに基づいてフレームクラスを追加(編集モード)

新しいフレームクラスを作成する別の方法として、単一のフレームを編集モードでカスタマイズしてからその設定を新しいフレームクラスとして保存することもできます。

1.カーテンウォールを選択し、カーテンウォール編集モードを開始します。

2.フレームを選択してカスタマイズします。そのクラスは「カスタム」になります。

3.情報ボックスの[フレームクラス]ポップアップの[フレームクラスをカスタムから追加]をクリックします。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/AddFrameClassCustom.png 

4.表示されるダイアログを使用して、新しいフレームクラスを作成します。

フレームクラスの名前を変更

必要に応じて、リストのクラスをダブルクリックして名前を変更してください。

クラス間でフレーム設定をコピーして貼り付ける

フレームの設定で、フレームの名前を右クリックしてその設定をコピーします。

その他のフレームを右クリックして、コピー元のフレームの設定を挿入します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CopyFrameSettings.png 

フレームクラスを削除

1.削除するフレームクラス(1つまたは複数)を選択します。

2.[削除]をクリックします。

注記:境界およびコーナーフレームクラスを削除することはできません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RemoveFrameClass1.png 

3.表示されるダイアログの項目は以下のとおりです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/RemoveFrameClass.png 

削除するクラスのフレームの変換方法を選択します。

[なし:結合パネル]:フレームは削除され、隣接するパネルは結合されます。

[分割]:フレームは削除されますが、隣接するパネルは分割された状態で保持されます。

別のフレームクラスに変換:別の既存のフレームクラスを選択します。

「分割」フレームクラス

分割フレームクラスはあらかじめ定義されており、固定の設定が含まれます。これは不可視フレームとして機能し、隣接パネルは分割された状態を保持します。このページで分割フレームを編集することはできません(このクラスは削除できません)。

分割フレームは、以下の用途に使用できます。

フレームクラスを削除するときの置換オプション(削除したフレームを分割に置き換えます)

スキームの設定で、選択したフレームのグリッドパターンのフレームクラスオプション

フレームタイプおよび形状を選択

ダイアログ上部のリストで選択したクラスに対して、[フレームタイプおよび形状]パネルのポップアップリストからフレームタイプを選択します。

次に、必要な形状パラメータを設定します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/ChooseFrameType.png 

不可視フレーム:このフレームはオブジェクトとして存在しますが、表示はされません。

このフレームは、隣接する2つのパネルを個別のパネルのままにして、それらの間にフレームを表示しない場合に使用します。

2つの隣接フレーム間の間隔を設定します。

不可視フレームは、詳細なフレームでモデルに負荷をかけたくない場合や、他の構造(接合部など)を使用してパネルを支えている場合などに適切です。フレームをグリッドラインから削除すると、継ぎ目のないパネル表面が作成できます。

標準フレーム:最も一般的なフレームタイプです(断面形状は矩形)。壁の外側からは、「キャップ」が見えます。フレームの設定でビルディングマテリアルを割り当てます(下部のパネル)。

バックマリオン:断面形状は矩形であり、バックマリオンカーテンウォール表面の内側サポートに使用します。パネルがバックマリオンフレームの前面で連結するため、フレームは前面からは見えません(パネルが透明な場合や、隙間が指定されている場合は除きます)。フレーム構成要素の設定でビルディングマテリアルを割り当てます(下部のパネル)。

モジュールフレーム:このフレームにモジュールを追加します。つまり特別な構成要素として描画し、保存したカスタムフレームまたはキャップ断面形状オブジェクトを追加できます。

例:カーテンウォールのカスタムフレームまたはキャップ断面形状の作成」を参照してください。

カーテンウォールコーナーフレーム」も参照してください。

フレーム交差優先度

カーテンウォールフレーム交差部」を参照してください。

フレーム構成要素の設定

GDLタイプの構成要素と同様に、選択したフレームタイプに対してさまざまなパラメータを設定できます。

必要に応じて、モデル表示オプションの2Dおよび3D詳細レベルの設定を上書きできます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CWFrameComponent.png