3Dウィンドウでのカーテンウォールの作成

組み立てツールの通常の方法で、カーテンウォールを入力します。

注記:スキームのグリッドパターンが固定サイズの場合、参照フィードバックおよび鉛筆アイコン/スナップ点により、次のパターン分節が完了する場所が示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FixedSizeInput3D.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FixedSizeInput3D2.png

3Dウィンドウでは、デフォルトのカーテンウォール入力面は、現在の3D入力面と同じです。

その他の入力面の定義については、「3Dウィンドウのカーテンウォール入力面」を参照してください。

ポリライン図形作成法

1.カーテンウォールツールが選択された状態で、情報ボックスからポリライン – 単一図形作成法とデフォルト入力面を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CW6_1.png 

2.クリックして、カーテンウォールの基準線の描画を開始します。

この例では、以下のようになります。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CW6_2.png 

3.建物の前面の2隅をクリックして、基準線の長さを定義します。

3Dで結果を確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CW6_5.png 

境界図形作成法

1.カーテンウォールツールが有効になった状態で、情報ボックスから境界図形作成法と自由入力面法を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CW7_1.png 

2.一連のクリックによって、入力面を定義します。

3.ポリラインの描画と同様に各節点をクリックしながら、入力面上にカーテンウォールの境界を描画します。

注記:最初に描画した境界分節が、カーテンウォールの基準線になります。

4.ダブルクリックするか、かなづちカーソルでクリックして、ポリゴンを閉じます。

3Dで結果を確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CW7_4.png 

関連トピック

3Dウィンドウのカーテンウォール入力面