平面図でのカーテンウォールの作成

1.カーテンウォールツールを起動します。

2.情報ボックスからポリラインの単一図形作成法を選択します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CW1Tool.png 

3.カーテンウォールの長さを表す基準線を描画します。

注記:スキームのグリッドパターンが固定サイズの場合、参照フィードバックおよび鉛筆アイコン/スナップ点により、次のパターン分節が完了する場所が示されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FixedSizeInput.png   //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/FixedSizeInput2.png

4.クリックして、基準線の入力を終了します。

5.3Dウィンドウで結果を確認します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CW1_5.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CW1_5_2.png

連続カーテンウォール

連続図形作成法を使用して、複数分節のカーテンウォールを作成します。基準線はポリラインです。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CW3Tool.png 

分節ごとに、個別のパターンを持つ独立したスキームを設定できます(編集モード)。

フレームは常に、2つの隣接する分節の接合場所に配置されます。このフレームは削除できません (必要であれば、編集モードでフレームを選択し、フレーム設定のタイプを調節して、タイプを不可視に設定できます)。