カーテンウォールの使用:概要

カーテンウォールは、フレーム、パネル、付属品、および接合部構成要素で構成される単一の要素です。この構成要素は、事前に定義された編集可能なスキームに従ってベース表面に配置される、カーテンウォールの部材です。

ベース表面は平面または球面に設定できます。その他の曲面は使用できません。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CurtainWallPic.png 

階層全体をまとめて制御するには、カーテンウォールシステム設定を使用してスキーム全体を定義し、カーテンウォールの部材を設定します。

カーテンウォールは、簡単なグラフィック入力で作成できます。カーテンウォールツールを有効化し、図形作成法を選択して基準線、ポリライン、輪郭、または円弧を描画します。

境界法を使用した場合は、カーテンウォールの形状全体が入力によって定義されます。

基準線/円弧/ポリラインを描画した場合は、カーテンウォールがその基準線/ポリライン/円弧から押し出されます。

各種ウィンドウでのカーテンウォールの図形作成法については、「カーテンウォールの入力方法」を参照してください。

カーテンウォールは一連の部材(フレーム、パネル、接合部など)で構成されます。各部材のパラメータはカーテンウォール設定の各ページで定義します。

カーテンウォール構成要素」を参照してください。

カーテンウォールは、以下の2つのレベルで編集できます。

システム編集

カーテンウォールを選択し、[カーテンウォールの設定]を開いて、システム設定を再編集します。

[OK]をクリックすると、変更した設定に従ってカーテンウォールが再設定されます。

カーテンウォールシステム設定」を参照してください。

カーテンウォール部材の個別編集

カーテンウォールを選択し、編集モードに入ります。

カーテンウォール編集モード」を参照してください。

編集モードでは、カーテンウォールを追加できませんが、選択したカーテンウォールの部材を編集したり、部材を追加できます。また、編集モードでは、部材(スキーム、フレーム、パネル、付属品、接合部)ごとに独自のダイアログボックスとツールがあり、これを使って設定を変更したり、カーテンウォールに新規に部材を配置できます。

カーテンウォールの部材の設定をカスタマイズするには、目的の部材を選択し、ダイアログボックスを使用して設定を変更します。例えば、パネルを選択してその材質を変更するとします。選択した部材の設定を変更すると、その部材は「カスタム」部材となります。異なるカスタム部材を何個でも作成できます。部材にカスタム設定が設定されると、システムレベル設定は適用されなくなります。

編集モードでは、スキーム、フレーム、パネル、結合部、および付属品の各ツールを使用して、カーテンウォールに追加部材を作成できます。このツールを使用して部材を新規に作成する場合、システムのデフォルト設定を使用するか、カスタム設定を定義するかを選択できます。

その他のカーテンウォールコマンド

[デザイン]→[カーテンウォール修正]メニューには、カーテンウォール機能の固有のコマンドが用意されています。この機能については、本書の他の箇所で説明します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/EditCWMenu.png