カーテンウォールのグラフィック編集

配置したカーテンウォールをグラフィカルに編集するには、断面図または3Dウィンドウでカーテンウォールを選択し、ペットパレットのコマンドを使用します。このコマンドは、壁をグラフィカルに編集するときに使用するコマンドに似ています (一部のコマンドが使用できないウィンドウタイプもあります)。

高さ/押し出しのストレッチ

カーテンウォールの高さを変更すると、その厚さは変化しませんが、傾斜角度は高さに応じて調整されます。カーテンウォールの基準線は適切な位置に配置されます。

傾斜高さをストレッチ

面に沿ってカーテンウォールをストレッチします。傾斜角度は変化しません。

角度を修正

座標情報フィールドは、新しい傾斜角度および選択したカーテンウォールエッジの移動水平距離を反映します。カーテンウォールは、基準線を軸として傾斜します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/CWModifyAngle.png 

別のグラフィカルオプションとして、カーテンウォールの自由回転があります。これは3Dウィンドウおよび断面/立面図ウィンドウで使用できます。

カーテンウォール基準線の編集

カーテンウォールを選択し、基準線をクリックして編集します。

基準線を選択して編集できるのは、基準線がモデルに対して垂直な面にある場合のみです。

(カーテンウォール編集モードでは、基準線はスキームの一部であるため、編集モードでのスキームの表示を必ずオンにしてください。)

基準線を編集すると、カーテンウォールの基準面の形状が変化します (グリッドライン、境界、パネル、およびフレームも、それに応じて変更されます)。

情報ボックスの[反転]コマンドを使用して、基準線に対してカーテンウォールの向きを反転させることができます。