天窓の配置と移動

天窓は、平面図または3Dビューで屋根/シェルに挿入できます。

天窓ツールを選択し、屋根またはシェルの上をクリックして天窓を配置します。これは天窓の情報ボックスで定義した配置基準点によって配置されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/PlaceSkylight.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SkylightinShell.png

シェル内または別の屋根平面に天窓を移動(または移動コピー)すると、天窓は新しい位置に合わせて自動的に調整されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MoveSkylight1.png     //helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MoveSkylight2.png

天窓を曲線屋根平面に配置する

天窓を曲線屋根辺(曲線の基準線)内で配置または移動する場合、ARCHICADでは以下の2つの方法のいずれかを使用して、天窓の配置を調整できます。

屋根平面が実際に曲線屋根平面を表していると想定する

屋根平面が隣接する複数の平坦な辺の中の1つを表していると想定する

これらの想定に応じて、天窓の配置が少し異なる場合があります。

屋根の設定(または情報ボックス)のオプションに[天窓は分節を曲線として扱う]があります。デフォルトでは、これはチェックされています。つまり、ARCHICADは、基準線が曲線である屋根平面が曲線屋根平面を表していると見なします。

天窓を屋根の曲線辺に配置または移動すると、天窓の形状は曲面を反映するように調整されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SkylightCurve1.png 

このオプションのチェックを外すと、天窓は平面での配置を反映します。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SkylightNoCurve1.png 

多くの場合、このオプションが関連することはありません。曲線屋根辺が少数の大きく平坦な屋根平面のみまたは大量の小さな平面で構成される場合、天窓は予測どおりに配置されます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SkylightAsExpected.png