天窓

天窓はドアと窓に似ています。専用の天窓ツールを使用すると、屋根とシェルに適切に配置することができます。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/SkylightTool.png 

屋根/シェルの表面に天窓を配置すると、自動的に親要素に挿入されます。天窓を屋根に配置すると、正確な屋根勾配角度に合わせて調整されます。

天窓の設定の各パネルは、窓/ドア、オブジェクト、ランプの各ツールのパネルに似ています。

天窓ツールの設定」を参照してください。

天窓の平面図表示

ARCHICAD 15以降の天窓の平面図表示は、シンボル描画ではなく、3D投影に基づいています。

例外:以前のバージョンのプロジェクトと一緒にARCHICAD 15以降に移行された天窓は、平面図表示ではデフォルトで「シンボル」属性を使用して表示されます。

屋根と天窓の移行」を参照してください。

天窓は、ホストの屋根/シェルの平面図表示の設定([フロア表示]など)を使用して表示されます。

ペンと線種は、ドア/窓と同様に、天窓の設定の[平面図と断面図]パネルで設定します。

[モデル表示オプション](組み立て要素オプション)には、天窓用の各種オプションが用意されています。これらはドア/窓のオプションと似ています。

//helpcenter.graphisoft.co.jp/wp-content/uploads/ac22_help/040-elementsvb/MVOSkylights.png 

内容

天窓の配置と移動

屋根を基準とした天窓の条件

天窓ツールの設定